テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サイパン・テニアン慰霊の旅 -その1- 第40回南洋群島慰霊墓参団に参加
 サイパン島の米軍捕虜収容所(ススッペ)で生まれたということは、ことある度に話したし、書いてきた。 5月26日から29日までの4日間、慰霊墓参団に参加し、サイパンにやってきた。国会開会中なので院の許可を得て参加している。

 参加を決意したのは墓参団が40回を数え、今回が最後と報道で知り、急に申し込んだ。沖縄からチャーター便2機で167名が参加している。私は、次男兄の寛治と一緒だ。次男兄は、捕虜収容所に入所するときは5歳、6歳で沖縄へ引き揚げている。私同様、恐らくサイパンの記憶は薄いと思われる。でも、2人で両親や兄弟らの足跡をたどってみたいと願い誘った。
 墓参団には南洋群島帰還者会の役員やテニアン生まれの儀間浦添市長、サイパン、テニアン、ロタの地で戦争により肉親を失った者、その子や孫らが参加している。知り合いも多く、那覇空港を発つ前から、思い出話、苦労話、「戦争」談義に花が咲いた。南洋群島における沖縄県人会の移民史を研究している学者も参加している。琉球古典音楽(三味線)の人間国宝、照喜名朝一氏も初参加。聞けば、サイパンの戦火で肉親を失ったらしい。明日はサイパン、明後日はテニアン、ロタで慰霊祭と現地の方々との親善交流が予定されている。

 私の父、寛栄は、昭和6年6月1日に“南洋”へ渡った。最初はテニアン島だった。幼少の頃、父はテニアンでは「キタの農場の綿花栽培で働いていた」と言っていた。いつ、どのような機会に聞いたのかは忘れた。それでも「キタで綿花栽培」と言ったのが記憶の淵に残っていた。「キタ」はテニアン島の北部地域だと思い込んでいた。

 今回、墓参団参加に際して、16年前の沖縄タイムス連載記事「玉砕の島々」を読み直した。連載当時、ちゃんと読んだつもりでいた。が、大発見!父が言っていた「キタ」は「北」ではなく、当時テニアンでヤシ園や綿花栽培の農園経営をやっていた喜多合名会社だと分かった。謎が解けた。父寛栄が話していた「キタ」は「北」ではなく、会社組織の「喜多」ではなかったのか。いや、それに違いない。

 親父のテニアン島での生活の一部が見えてきた。嬉しい。今回の墓参団参加の収穫のひとつだ。明日以降、何かが起こる。

サイパン時間:2009年5月26日(火)19時30分

南洋群島墓参団001
墓参団の出発式 於那覇空港

南洋群島墓参団002
墓参団参加の兄・寛治と

南洋群島墓参団003

南洋群島墓参団004
墓参団の結団式

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお
願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/194-669bd5a0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。