テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サイパン・テニアン慰霊の旅 -その2- 第40回南洋群島慰霊墓参団に参加
 現地時間5月27日午前10時より、マッピー岬に建立されている「おきなわの塔」にて沖縄県出身戦没者並びに開拓者殉難者追悼式が行われた。今日は「これがサイパンの太陽だ」という位、夏の陽射しが強かった。
 マッピー岬とその後背に位置する山々は、私の一家が捕虜になるまで逃げ隠れた場所だ。マッピー岬まで追いつけられた住民の多くが近くのバンザイクリフから投身自殺をしている。

 追悼式では、人間国宝の照喜名朝一氏と玉城流玉城節子師匠による琉球古典音楽・琉球舞踊が奉納された。祭壇には遺族らが持参した泡盛やウチナーのお菓子が供えられている。追悼式の前に杖をついて立ち上がり、四方にウートートゥ(祈り)する老婆、目に涙を浮かべ「おきなわの塔」を拝み続ける人、参列者がそれぞれ一心に祈っている・・・。

 サイパンの激戦から65年。遺族らの無念と悲しみは胸深く消えることはない。生きている限り、戦争への怒りややりきれなさは続くに違いない。

 私の一家も戦闘行為ではなく、餓死による犠牲者がいる。名前は寛和と命名されていたようだが、戸籍には登載されていない。恐らく、沖縄に引き揚げた後の仮戸籍申告の際にすでに死んでいるので届け出なかったに違いない。トートーメー(位牌)には記載がある。父も母も餓死した寛和の事は、悔やんでいた。折に触れ、思い出しては嘆き悲しんでいた。

 追悼式に参加して万感こみ上げてくるものがある。

サイパン現地時間 2009年5月27日(水)12時30分

南洋群島墓参団005
-マッピー岬のおきなわの塔-

南洋群島墓参団006
-サイパン慰霊祭 兄・寛治と-

南洋群島墓参団007
-後背はマッピーの山に連なる-

南洋群島墓参団008
-古典音楽を奉納する照喜名朝一氏-

南洋群島墓参団009
-奉納舞踊の玉城節子師匠-

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/195-ed75d0e0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。