テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国会延長とゼネラルモーターズ(GM)の破綻
 通常国会は、6月3日をもって150日間の会期を閉じる予定であった。だが、今日午後1時からの本会議で、6月4日から7月28日までの55日間延長された。自公与党は賛成、野党は全党反対だ。

 予想されていたとはいえ、党利党略の会期延長だ。そもそもが麻生政権は政権発足後直ちに解散をして、国民の信を選挙で問うべきであった。それを与党に形勢が悪いとの世論調査の結果を受けて、表向き「政局よりは政策」「選挙よりは経済対策」を言い募って解散を先延ばしにしてきたのだ。
 
 会期延長だってバラマキの補正予算効果と民主党代表交代による「お祝儀相場」の支持率の高まりが収まるのを待つ狙いというから呆れてしまう。麻生総理は、任期満了近くの「追い込まれ解散」を嫌い、解散権の主導権を握るべく「55日間の延長」にしたと論評する識者もいるが、いずれにしろ、任期は9月10日までだ。政権の延命のみに固執し、いたずらに解散・総選挙を先送りする事こそ国民生活無視の政権運営だと強く批判をしておく。
 
 今朝のマスコミ報道は、国会の会期延長に伴う政局の話題よりも、アメリカ自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が経営破綻したとのニュースが中心になっている。GM社は知らなくとも、大衆車シボレー、高級車キャデラックは知っているだろう。アメリカの軍事支配下の沖縄において、シボレー、キャデラックなどの車は、夢と富の象徴であった。
 
 GM社の資産総額は7兆8千億円であるのに対し、負債総額は約16兆4千億円と発表されている。1931年以来77年間にわたって販売台数世界一のGM社が破綻し、日本の同社系列部品メーカーも多大な影響を受けるものと解説されている。GM社の経営破たんがアメリカと日本の実態経済にどのような影響を及ぼすのか、経済オンチの私などに知る由もない。
 
 GM社の経営破たんは、ある意味「車の世紀」「米国の世紀」「アメリカの夢」の破綻である。同時に、日本では自民党という大型車の夢が崩壊し、時代は社民党のような小型車の時代を迎えようとしている。

15時27分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/201-48b456f6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。