テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秦期(たいき)のいちへき(勇気)
 読谷村は、私にとって第二のふるさとである。参議院議員 山内徳信氏が読谷村長の頃に、20年以上同村の顧問弁護士を務めた。月1回は、無料法律相談で村の中央公民館に出かけた。
 泰期(たいき)は、読谷村に生まれ、14世紀の後半琉球王朝中山王の命を受けて、中国(明)に渡り、大交易時代を拓いた偉人である。

 受け継ごう!いちへき(勇気ある)泰期のあちねー魂!~新交流時代の文化とロマンの星を目指して~をテーマスローガンに第1回泰期まつりが読谷村商工会の主催で開催されるとの報道に接し、足を運んだ。商工会は、泰期を「商売の神様」と位置づけ、読谷村の景勝地残波岬に泰期像を建立している。私も初めて泰期像を見た。
 「あちねー」とは、沖縄の方言で商売を意味する。商工会による”村おこし”地域経済の活性化を目的とした”まつり”であろう。まつりは出店でにぎわい、ステージはウチナーの島歌、三線で盛り上がった。

 私もいちへき(勇気ある)泰期のあちねー魂にあやかり、願いを込めて会場内の旧知の方々に一票一票のあちねーをして廻った。泰期のあちねー魂で読谷村商工会の会員企業が繁栄されることを祈りつつ。

読谷たいきまつり001_convert_20090629132621


読谷たいきまつり004_convert_20090629132921


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/224-4c6eb803



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。