テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳩山氏虚偽献金問題 ーこれだけは言いたいー
 民主党の鳩山代表の虚偽献金問題には愕然とした。鳩山氏にはクリーンなイメージを持っていただけに・・・。しかも、もうすぐに首相になる可能性が高い野党第一党の党首である。

 鳩山氏は、虚偽献金の事実を認め、記者会見で陳謝した。調査依頼を受けた4人の弁護士の調査結果も公表された。だが、十二分な説明責任を果たしたとは思えない。個人献金ではなく「故人」献金や架空献金は2005年以降で2100万円を超え、勝手に名前を使われた人が約90人に及ぶ。政治資金規正法違反の事実は明白であり、責任は重大である。
 
 私は代表辞任の必要などは無いと思うが、政治資金規正法上、一括計上(氏名報告の必要なし)される5万円以下の献金額が異常に多いのは、合点がいかず釈然としない。調査をした弁護士もその点は事実の解明ができていないと言っているので、引き続きキチンと説明すべきである。
 
 この問題で自民党が「鳩山民主党代表の故人献金偽装問題」プロジェクトチーム(PT)を立ち上げ、追及すると意気込んでいる。PTを作るのは勝手だが自民党にそんな資格があるのかと言いたい。与謝野大臣、二階大臣への違法献金疑惑について自浄能力もなく、説明責任を果たさず、逃げまくっている自民党にそんな資格はない、と断ぜざるを得ない。総選挙を前に点数稼ぎのつもりかもしれないが笑っちゃうね、まったく。

 国民の政治不信を招く「政治とカネ」の問題、その背景にある企業、団体献金は即刻禁止しか有効な手立てはないと思う。

10時42分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/228-175fc3d3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。