テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国境の島 与那国に自衛隊はいらない
 与那国島は、日本最西端の国境の町である。晴れた日には台湾が目視できる。そのヨナグニに国防の拠点として自衛隊が配備されようとしている。

 防衛省は、現在那覇市に配備されている第1混成団を第15旅団に格上げし、隊員数も1800人から2100人と増強。旧ソ連を仮想敵国とした日本防衛の重点を南西諸島に移し、ヨナグニに部隊を配備するというのだ。私は、防衛省設置法改正に反対した。旧ソ連、北朝鮮、中国と仮想敵国を作り上げ、それを口実に自衛隊を増強する。冷戦崩壊後の日本の取るべき安全保障ではないと思う。

 6月30日、外間守吉与那国町長は浜田靖一防衛大臣を訪ね、陸上自衛隊誘致を要望した。浜田大臣も積極的なようだ。だが、人口約1650人のうち、町民514人分の署名を添えての町長の要請は、本人承諾を得ない代理署名や要請趣旨を説明しない署名が多くあったことが発覚した。町長自身が説明不足を認めた。こんなデタラメな要請は無効である。

 そもそもヨナグニは、国境の島として国境交流を盛んにして振興発展を目指すべきである。かつての悲惨な沖縄戦で軍隊は住民の生命を守らないこと、軍隊が配備された島だけが米軍から攻撃されたことを知ったはずではなかったか。

 私は、台湾有事は起こらないし、起こしてはいけないと考える。ことさらに台湾有事、米中衝突などと煽って、自衛隊の軍事強化を図ってはいけないのだ。紛争予防の自衛外交こそを強化すべきだ。
 ヨナグニの民間港への海上自衛隊艦船の強行寄港、陸上自衛隊の配備には反対だ。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/230-9e3ad24f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。