テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


西も東もお先真っ暗の自民党
 自民党という政党は、西も東もお先真っ暗だ。間近に迫った衆議院解散・総選挙で政権の座を転落することは間違いあるまい。いや、そうあらねばならない。

 西の西川問題、いわゆる日本郵政の西川社長の再任では反対する鳩山総務大臣を更迭した。私は、この西川問題には郵政民営化推進勢力(内外ともに)からの強い圧力が働いたと推測する。

 一方、東の東国原問題。自民党選対委員長の古賀誠氏が衆議院への立候補を要請し、見返り条件に総裁候補にする事を求められたという一件だ。この東の問題は、今の自民党の体たらくを示しているのではないか。

 党や内閣の支持率が急落し、政権維持が難しくなったと判断し、東国原知事のパフォーマンス、人気を利用して、党勢を高めようとしているに過ぎない。情け無い。呆れるね。

 東国原知事も有頂天になり、「ボクが行けば自民党は負けません。負けさせません。」「宮崎県から出ていないのは横綱と甲子園優勝高校と総理大臣だけ。」と言いたい放題。

 東国原知事一人が自民党に行くだけで強い自民党ができるなら、さっさと知事を辞めて自民党から立候補すればいいじゃないの。実力も実績もない東国原知事が総理になれるようでは日本沈没だ。
 
 一部週刊誌の識者の論評では、東国原知事は“権力亡者”であり、タレント時代から目立とう精神と野心の塊のような人物だと評されている。テレビに露出が多い政治家が能力のある良い政治家とは言えない。日本の政治はいつまでも劇場型パフォーマンス政治を続けてはいけないと思う。

17時03分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/232-ebbfdda6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。