テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


迫る政治決戦。論争加熱。
 結んで開いて 手をうって結んで また開いて手をうって・・・(童謡「むすんで ひらいて」)
 昨年秋いらい、解散・総選挙が近いぞ!と言われて選挙事務所を開き、こぶしを挙げ、解散が遠のいていったん閉め、また開いた。

090711本部事務所開き_convert_20090712162038

 昨日は、2回目の後援会本部事務所開きをやった。正午開会であったが、大勢の支援者が参加してくれた。力強い限りだ。闘志が湧き出してきた。
 麻生総理が解散を断行するのか、自民党内で政権のたらい廻し(総理・総裁の首のすげ替え)を行うのか、今日この時点では不明だ。おそらく、都議選の結果が判明する今夜から明日にかけて、政局は大きく動くであろう。

 解散・総選挙へ向けての論争も加熱してきた。7月11日、午前9時から琉球新報社で2区立候補予定者の座談会があった。今朝の朝刊2面、3面見開きで大きく報道している。座談会における発言を記者がまとめて記事になるが、的確に、正確にまとめてあり「さすが」と感心する。
 本音は「座談」ではなく、「論争」をしたい。政治課題について争点を明確にし、有権者に提示するのが責務と考える。「座談」では限界がある。でも、地元マスコミの企画はありがたい。このブログを見た方には、7月12日の琉球新報朝刊を読んでほしい。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/236-9fdc5d23



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。