テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


衆議院解散。選挙へ一目散、そして街頭演舌へ。
 河野議長が本会議の閉会を宣言した直後に、川村官房長官がうやうやしく解散詔書を持って登場した。事務総長と議長が形式的に目を通し、すぐに河野議長が解散を告げた。

 午後1時04分、衆議院は解散され、事実上の選挙戦に突入した。本会議の前に、党の両院議員総会、続いて最後の代議士会を開き、二ケタ以上の議席増を目指す決意を固めあった。

 本会議終了後に河野議長、横路副議長らが党控え室に挨拶に見えた。今期限りで引退を表明している河野議長は“総理になれなかった総裁”といわれるが、歴代議長の中で最長期の在任となった。リベラルな政治家として尊敬に値する偉大な政治家の一人だ。

 一人ひとりと握手を交わし、「護憲でがんばって!」声をかけて下さった。そうだ、河野議長は護憲を貫いた信念の政治家であった。参議院議員時代に「自社さ政権」を経験した私にとって、個人的にも思い出深い政治家であった。控え室を去る河野議長の後姿に政界を引退した後もこの国の政治を見守ってほしいと願った。

 河野議長が退室し、羽田空港へ駆け込んだ。選挙区へ戻り、解散後、長い選挙戦の第一声を挙げる予定だ。はたして、有権者の皆さんはどのような反応を示してくれるのか。自公予定候補に負けてたまるか!

16時10分 JAL機上にて。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/245-a8d3de34



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。