テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体育の秋、文化の秋、芸術の秋雑感
 昨日は、北谷町民運動会に出かけた。出かけた目的が「運動」のためではなく「センキョ運動」だから、動機が不純だとお叱りを受けそうだが、時節柄お許しをいただきたい。
 昼食時間を利用して瑞慶覧功県議や支持してもらっている町議らと共に各字のテントを廻った。短い時間の運動会観戦だったが、町長をはじめ町民こぞってのダンス「青い山脈」には、青春時代を思い出して胸キュンとなった。瑞慶覧功県議が大きな体で「小さい頃からダンスウトゥルーでねぇ」と苦笑しながら来賓席のテントに残っているので、思わず大笑いしてしまった。
 午後4時頃から第34回読谷まつりに出かける。
 読谷まつりは毎年楽しみにしている。山内徳信参議員が村長の頃の20数年間、読谷村の顧問弁護士をやっていた関係で、読谷まつりを堪能してきた。
 読谷まつりでは、赤犬子琉球古典音楽大演奏会創作「進貢船・しんこうせん」など舞台装置、村内外からのまつり参加者がすごい。圧巻だ。本土からツアーで見学に来る者も多い。沖縄のいろんなまつりの中でも最大規模ではないだろうか。まつり会場が、かつては米軍基地=旧読谷飛行場だったことも感動をもって記憶したいものだ。
 特に、今年は、読谷村の前身となる読谷山村が誕生した1908年(明治41年)4月1日から数えて100周年の記念すべきまつりで一層華やかであった。歴代村長や今年100歳を迎える元気な村の先達3名も紹介されていた。
 一緒に見学していた仲宗根悟県議いはく、「読谷村は歴代村長は長寿だが、歴代議長は若死にする者が多くてねぇ」とつぶやく。ハッとなった。そう言えば、故伊波栄徳、儀保輝和両名とも若死にしたなー。今頃、お二人とも天国で泡盛残波を飲みながら、村制100周年の読谷まつりを楽しんでいるんだろうなと思うと、胸に迫るものがあった。
 読谷村の益々の飛躍発展を祈りたい。私にとって、読谷村は第二の故郷みたいなものだ。

 今日、11月3日は、平成20年度 沖縄県功労者表彰式に出席した。
沖縄県の地方自治、教育、文化、体育・スポーツ、社会福祉、産業経済、一般篤行に顕著な業績を残された10名の方々が表彰された。受賞した者の中に、友寄信助氏(地方自治部門)、宜野座朝憲(一般篤行部門)がおり嬉しかった。
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/25-8c97313c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。