テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


更迭から定年退職へ  ― 田母神空幕長、退職金6,000万円、懸賞金300万円也 ―
 田母神俊雄・航空幕僚長の論文を読んだ。10月31日付で航空幕僚長を更迭され、正確には航空幕僚幹部付で、階級は空将のようだ。
 空幕長更迭後、事実関係を調査のうえ、懲戒処分にするのかと思いきや、自衛隊法による定年を1ヵ月延長して、メデタク定年退職となったらしい。支払われる退職金は約6,000万円、問題になった論文の懸賞金300万円も受け取るようだ。
 さて、田母神論文だが、①我が国は戦前中国大陸や朝鮮半島を侵略したと言われるが、実は日本軍のこれらの国に対する駐留も条約に基づいたものである、②我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者なのである、③戦後の日本においては、満州や朝鮮半島の平和な暮らしが、日本軍によって破壊されたかのように言われている。しかし実際には日本政府と日本軍の努力によって、現地の人々はそれまでの圧政から解放され、また生活水準も格段に向上したのである、等と論述している。
 どうやら歴史的事実としての日本の侵略や植民地支配はなかったとの認識らしい。末尾に添付した村山総理談話―この談話は、その後の日本政府の基本方針と歴史認識となっている―と照らし、考えて欲しい。
 田母神論文には、その他にもたくさんの問題がある。〈東京裁判はあの戦争の責任を全て日本に押し付けようとしたものである〉とのくだりは、東京裁判否定論者と一緒だろう。また、自衛隊は、「集団的自衛権も行使出来ない」「攻撃的兵器の保有も禁止されている」等と嘆き、「大東亜戦争を戦った日本の評価は高いのだ」「我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣である」と論文を結んでいる。
 やっぱりおかしい。暴走する自衛隊を暗示する恐い発想、考え方だ。一体、自衛隊内の教育はどうなってんだ、文民統制(シビリアン・コントロール)はどうなってんだ、と疑わざるを得ない。過去にも同様の論文を書き、似たような発言を繰り返していたというのだから、懲戒処分にすべきだった。麻生総理の任命責任も明白だ。
 組織内部でのいじめ、リンチ、不祥事が続き、防衛利権うごめく自衛隊。田母神空幕長いはく「自衛隊は軍隊である」、このくだりは納得。だが、日本国憲法は「軍隊を保持しない」と明定していることもお忘れなく、田母神さん。

村山内閣総理大臣談話(外務省ホームページより)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/26-cb3df8b2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。