テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オバマ氏 「米国を変え、世界を変える」、テルヤ 「政治を変え、政権を代える」
 11月4日、アメリカ大統領選挙の投票が始まった。イラク戦争への対応やアメリカ経済の破綻と立て直し等が、大きな争点のようである。ほとんどのマスコミが民主党のバラク・オバマ上院議員優勢と報じている。
 大統領選でオバマ氏は「米国を変え、世界を変える」と訴えている。オバマ氏が当選すれば、8年ぶりの民主党政権となる。それに、オバマ氏が当選すると初の黒人大統領となり、アメリカにおける人種差別の歴史を乗り越え、米国史に画期的な1ページを刻むことになる。歴史は確実に動いている。本当にワクワクする選挙だ。オバマ氏が当選し、一日も早く米軍をイラクから撤退させてほしい。
 願わくば、いわゆる米軍再編も新政権の下で見直し、沖縄への米軍基地機能強化の押しつけも止めてほしい。世界一危険な基地である普天間飛行場を早期に閉鎖・返還し、辺野古への新基地建設、東村高江へのヘリパッド建設が中止されることを期待するものである。もちろん、オバマ氏当選によって、アメリカの世界的な軍事戦略が急激に変更されるとは思えないが、「変化」「変革」には大いに期待したい。
 テレビ報道で見るオバマ氏は、実に演説がうまい。言葉が生きている。メッセージが確実に伝わってくる。やはり、政治家にとって言葉はいのちだ。もっとも、ネットによる選挙資金集めもすごい。アメリカでは、ネットによる個人献金が主流のようだ。「政治とカネ」をめぐる不正が絶えない日本の政界は、大いに反省しなければいけない。
 オバマ氏は、「米国を変え、世界を変える」と訴えている。私の方は、予想される衆議院の解散・総選挙に備えて「政治を変え、政権を代える」と訴えている。小泉構造改革以来の市場万能主義、弱肉強食の政治を変えて、自公政権から野党政権へと代えていきたい。
 解散・総選挙は先送りされた。だが、今日も早朝から宜野湾市選出の渡嘉敷、新垣両県議、及び私を支持する革新市議団と共に朝立ち行動に立った。折りしも、県都・那覇市では、来る11月16日の市長選、市議補選を控えて「チェンジ・なは」を掲げる野党統一候補のタイラ長政と社民党公認の市議候補である宮平のり子が頑張っている。両氏への支援をお願いします!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/27-40969999



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。