テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳩山連立政権で沖縄にも変化が起こる
 9月18日付沖縄タイムス、琉球新報朝刊では、前原誠司沖縄担当相が沖縄市の中城湾港泡瀬干潟埋立て(東部海浜開発)事業に関し、「1区中断、2区中止」の意向を表明した事が大々的に報ぜられている。沖縄市の泡瀬干潟埋立て工事については、去る衆議院選挙で私も「1区中断、2区中止」を公約に掲げた。社民党県連の方針でもある。
 前原大臣の意向表明に対し、地元紙は「内閣府、県、沖縄市に衝撃、困惑」と報道するが、「1区中断、2区中止」は民主党も沖縄ビジョン2008に書き込んでおり、政権交代の現実だろうと思う。10月15日には、同事業差し止め訴訟の控訴審判決も予定されている。同判決の結果にも影響されると思うが、それでも前原大臣の基本方針は変わらないだろう。

 岡田外相は、米軍再編、辺野古新基地建設との関連で「・・・このまま普天間移設が順調にいくとは考えられない。約束(在日米軍再編に関する06年の日米両政府合意)は守ることが大切だ。ただ、政権が代わって政策が変わることは、民主主義国家であればどこでもあり得る」と述べた、と報じられている。誠にそのとおりだ。くどい程このブログにも書いたが、今回の衆院選で沖縄から当選した全員が辺野古への新基地建設に反対している。鳩山総理をはじめ、民主党幹部も沖縄へ来て普天間飛行場の県外・海外移設を表明している。沖縄県民との約束を守ってもらいたい。連立政権合意で「米軍再編の見直し」を明白にしたことも忘れないでほしい。
 普天間飛行場問題に関連して、北沢俊美防衛大臣が「県外あるいは国外(移設)という選択肢は、なかなか厳しい」という見方を表明した、との報道には正直がっかりした。北沢大臣には、今一度沖縄県民の民意と政権合意、民主党の沖縄ビジョンを尊重する姿勢を堅持してもらいたい。
 まぁ、「鳩山丸」は船出をした直後である。その針路を沖縄からしっかり見張っていきたいものだ。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/283-30207b07



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。