テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄の願いと官僚の言い分 ー北沢俊美防衛大臣の初来県についてー
 北沢俊美防衛大臣が、9月25日、就任後初来県した。普天間飛行場、沖国大のヘリ墜落現場、辺野古の新基地建設予定地の現場視察や、知事を始め、米軍基地を抱える市町村長らとの対話、意見聴取等は素直に評価しよう。だが、関係者や県内マスコミの反応は、総じて北沢防衛大臣の初来県の「真意」を計りかねている、という事に尽きようか。

 北沢大臣は、普天間飛行場の県外移設について、明確なメッセージを発することはなかった。鳩山由紀夫総理が、アメリカで、「県外移設を前提に、移設計画自体を見直す」との考えを示しているにも関わらず、だ。

 北沢大臣には、去る24日に「うるの会」で面会した際に、衆院選で示された民意は、普天間飛行場の県外・海外への移設であり、辺野古への新基地建設反対である旨を強く伝えてある。民主党も、「沖縄ビジョン」に明記をし、小沢一郎前代表、鳩山総理ら幹部も来沖の折りに公言している。それを北沢大臣は、初視察で「理想の中で現実を見失うのは得策でない」等と普天間飛行場の県外・海外移設に慎重姿勢を示した、と地元紙は報じている。しかも、「県民が納得する中で、県内移設の道を探ることができるならありがたい」と発言したというから、驚き、失望する。この北沢大臣の発言からは、県内移設容認の態度としか思えない。

 北沢大臣の初来県には、異例(異様?)な人数の防衛官僚が東京から付いて来たようだ。まさか、北沢大臣は、防衛官僚らにまるめ込まれたのではないでしょうな。心配だ。

 何回でも声高に言う。狭い沖縄で、県内移設は不可能です。多くの県民も望んでおりません。民主党は、ムダな公共工事の一掃をマニフェストで国民に公約しました。辺野古への新基地建設は、沖縄の貴重な海を破壊するムダな公共工事そのものです。

 「うるの会」との面談の際、私が、沖縄に米軍基地を集中する地政学的根拠がない、との主張に大臣は理解を示しておりました。ならば、沖縄が求める普天間飛行場の県外・海外への移設は、単なる「理想論」ではなく「現実的選択」として新政権が追及し、早急に解決すべき課題であります。

 連立政権合意の中でも、「米軍再編や在日米軍基地のあり方を見直す」ことが明記されている。自公政権に代わる鳩山新政権下で多くの県民は、普天間飛行場が“動く”と期待している。期待に反すると、失望と反発も大きいと知るべきである。

9月27日 12時08分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/285-c825dc2e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。