テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歴史の真実を伝えたい -沖縄からの訴え-
 2年前の今日(9月29日)、「教科書検定意見撤回を求める県民大会」に11万6,000人(主催者発表)が結集した。あの日から2年が経過したが、沖縄県民が世代を超えて強く求めた高校歴史教科書の沖縄戦「集団自決(強制集団死)」の記述を削除した検定意見の撤回と記述回復は、実現をしていない。
 2年前の県民大会開催を呼びかけた6団体は、今日「9.29県民大会決議を実現させる県民集会」を開く。私も参加したかったが、党務で参加がかなわない。
 私は、多くの証言や沖縄戦記録に照らし、「集団自決(強制集団死)」が旧日本軍の強制によって惹起されたことは明白だと信ずる。私たち沖縄県民は、悲惨な沖縄戦の実相の一部にすぎない旧日本軍の蛮行である「集団自決(強制集団死)」の歴史の真実を知り、教科書の記述を通して後世に正しく伝える責務を負っているのだ。このことが沖縄県民の意志でもある。
 政権交代が実現した今こそ、教科書検定制度の公平性・透明性の確保を実現すべきである。鳩山総理や川端文部科学大臣には、沖縄戦の真実を語り、伝える勇気と信念を示してもらいたい。私たちは、歴史の真実に眼をつむることがあってはいけない。今日の県民集会の成功を祈りたい。


ご参考までに、本日の「県民集会」に宛てたメッセージを掲載いたします。
******

メッセージ

9.29県民大会決議を実現させる会
世話人 玉寄 哲永 殿

 「9.29県民大会決議を実現させる県民集会」にご参集の皆さんへ連帯のメッセージを送ります。
 二年前の今日、宜野湾海浜公園に11万6千名余の県民が結集し、教科書検定意見の撤回と旧日本軍による「命令・強制・誘導等」の記述回復を求めました。まさしく「県民大会」は、悲惨な沖縄戦の実相を歪め、歴史の真実を改ざんせんとする教科書検定に対する「島ぐるみ」の抗議、異議申し立てでありました。
 私たちには、教科書を通じて、歴史の真実を将来の子どもたちに伝えていく責務があります。政権交代が現実のものとなった今日、「9.29県民大会決議」が平和を希求する県民の総意であることを再度確認し、政府の責任のもと、文部科学省が速やかに問題の解決を図ることを要求していきましょう。私も社民党も「9.29県民大会決議」を全面的に支持し、その実現を強く求めてまいります。
 本日は、党務で上京中につき参加できませんことをお許し下さい。

衆議院議員(社民党)
照 屋 寛 徳

******

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/287-6e7f618f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。