テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東門市長の勇気ある決断を
 中城港湾泡瀬沖合埋め立て(東部海浜開発)事業をめぐる10月15日の福岡高裁那覇支部判決については、先日のブログにも書いた。
 今日は、東門市長を訪ね別紙のような社民党県連としての要請を行った。東門市長からは「国や県と協議を尽くして上告の可否を決めたい」との返事があった。私からは「最高裁(上告書)の扉を開くのは極めて困難であり、控訴審判決に従って上告せずに、後戻りの為の黄金の橋を渡って欲しい」旨の申し入れを行った。控訴審判決では、東門市長が就任後「第1区域は見直しを前提に推進。第2区域は見直しが必要」との方針表明で本件開発計画が変更されたと示している。判決は、この場合、本件埋め立て免許及び承認の変更許可が必要だが「変更許可が得られる見込みがあると判断することは困難である」と断じている。県や市はどうしたら本件事業が推進であるかとの立場で控訴審判決を検討するのではなく、前原国交大臣も「1区中断、2区中止」と表明しているのだから「ムダな公共工事」から撤退する勇気を示してもらいたい。

17日 16時30分


2009年10月17日

沖縄市長
東門 美津子 様

社会民主党沖縄県連合
執行委員長 照屋 寛徳

   東部海浜開発事業の中止を求める要請

 市民福祉の向上に対する貴殿のご尽力に心から敬意を表します。

 東部海浜開発事業をめぐる公金支出差し止め訴訟の控訴審判決が十月十五日、福岡高裁那覇支部で言い渡された。経済的合理性を欠き公金支出は違法とした昨年十一月の一審判決が支持され、県と市の主張は退けられた。

 長年にわたり、市が事業の実現を悲願としてきた経過を軽んじるものではないが、血税を投じる公共事業への県民、国民の目線は今日いっそう厳しく、需要、採算、緊急性、環境への影響等総合的な説明が求められている。

判決は、市長の見直し表明を「経済的事情等に大きな変化が生じたことにより抜本的な見直しを余儀なくされるに至った」とみており、その上で、これら経済的事情等の変化に耐え得る、合理性のある埋立免許の変更は「困難である」と断じている。

社民党県連は判決を重く受け止め、貴職に対し、以下、要請する。

             記

一、 控訴審判決を受け入れ、上告は行わないこと
二、 東部海浜開発事業の見直し作業を中止し、事業を断念すること

                                       以上
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/299-6fac1adc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。