テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


県民大会に向け最大動員を
 来月の11月8日、宜野湾市内で「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」が開催される。
 昨日は大会に向け実行委員会の結成総会があり参加した。総会には野党県議、県選出出身国会議員、労組、市民運動団体などの代表約100人が出席し、盛会であった。
 実行委結成総会では、大会名称、大会場などをめぐって様々な意見、要望が表明された。結局、より多くの県民を結集し、日米両政府に県民の願い、要求、声を挙げることが大事である事が確認された。大会場も宜野湾市海浜公園野外劇場では「狭い」のではとか、「動員目標を数万人規模にすべき」との意見もあり、宜野湾市内での開催を前提に今後実行委員会で検討する事になった。県民大会はオバマ大統領の11月12日からの初来日に符号させている。短期間での取り組みになるが、この種の大会は準備期間が長ければ成功するとは限らない。実行委に加わる団体、個人がいかに真剣に集中して取り組むかである。折から総会中に翁長雄志那覇市長が実行委共同代表就任を快諾した、とのニュースも飛び込んできた。100を超える団体から参加意向の回答もあったようだ。3党連立政権の総理、外相、防衛相らの発言もブレが目立ち、不信感を覚える。連立政権の中で民主党が本気で普天間飛行場を県外・海外へ移設を求める対米交渉をやろうとする意志があるのか心配だ。私は、呼びかけ人の一人として意見表明を求められ「命がけで皆さんと一緒に行動に決起する。この問題についての私と社民党の態度は一貫して変わらない。辺野古移設のロードマップは日米の単なる政治文書だ。政権交代が実現し、グァム移転協定も破棄・見直しは可能だ。」との趣旨の発言をした。11月8日の県民大会の成功に向け全国の皆さんにも協力を願いたい。可能な形での効果的な連帯を!是非。

18日 10時30分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/300-065c22ce



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。