テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


松沢神奈川県知事に抗議する
 松沢知事、あなたが渉外知事会長として訪米した際の「辺野古推進」発言は、余計なおせっかいです。迷惑な暴言です。独りよがりで無責任で沖縄の心を踏みにじる発言です。
 わざわざアメリカまで行って、しかも、あなたの訪米目的は日米地位協定の改定問題が主題であったはずです。それにもかかわらず、「(普天間飛行場)の県外・海外への移設は不可能で、嘉手納統合も極めて難しい。今の辺野古でしか解決策はない」などと発言(講演)した事は許せません。11月8日の「県民大会」でもあなたの暴言に対する強い抗議の表明がありました。「県民大会」実行委員会の代表が今日(11月10日)にもあなたに面会し、発言の撤回を求めるようです。
私も松沢神奈川県知事の米国での発言の様子をテレビニュース、新聞で確認をし、怒りを禁じ得ません。すみやかに発言を撤回し、お騒がせし心配させた事は県民に謝罪すべきです。「県民大会」実行委員会の抗議文を紹介する。

10日 14時50分

-----------------------------------

 抗 議 文

 「県外、国外の移設は不可能で、嘉手納統合も極めて難しい。今の辺野古でしか解決策はない」。貴殿の米国ワシントンでのこの発言に、全沖縄県民の怒りが沸き起こっている。さらに講演後の記者会見で、「時間をかけるうちに沖縄県民世論が反対になれば、辺野古案までつぶれ普天間移設が宙に浮いてしまう。結果論としてはやってはいけない」とも発言した。
 県民頭越しの辺野古新基地建設日米合意から13年、11月8日に開催した県民大会決議にも示されているとおり、県民世論は常に7割強が「反対」であり、そしていまだ命育む辺野古の美ら海に建設のための杭1本打たせてはいない。言い換えれば、13年も経ながら新基地建設が進めない状況から誰にでも分かるとおり、辺野古への新基地建設は「不可能」なのである。県民の要求は、普天間基地の閉鎖・返還であり、辺野古への新基地建設反対である。この県民総意は、県民大会でもあらためて示された。
 国土面積のわずか0.6%にすぎない狭隘な島に、全国の米軍施設の74.2%が集中し、県土の10.2%、本島の18.4%を占めている。この米軍基地あるが故の事件、事故は後を絶つことがない。沖縄県民は日常的に生活が脅かされ続けている。それどころか、ときには命さえも奪った。少女が米兵に犯され人生を滅茶苦茶にもされた。それも氷山の一角でしかない。1995年、ときの太田県知事は、県民大会においてまずもって参加者に「行政の長として一人の少女を守りきれなかった」ことを詫びた。
 辺野古への新基地建設日米合意は、その後である。研究者や報道関係者の調査等であきらかになっている事実は、日本政府は「県外・国外」など一顧だにもしていない。米軍基地は沖縄ありきである。その沖縄ありきの結果としての「県内移設」による辺野古案である。
 貴殿も、沖縄に次ぐ米軍基地所在地の長として、まずは県民の生命、財産を守ることを第一義的に考えるべきである。ましてや、貴殿に「辺野古しかない」などと言われるゆえんはない。言語道断とはこのことである。
 松沢成文神奈川県知事、貴殿に対し、沖縄県民の満身の怒りをこめて厳重に抗議する。あわせて発言を公的に撤回するよう強く求める。同時に、当実行委員会に対し、知事自身が直接回答することを求める。

以  上

 runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/317-6da077e8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。