テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嬉しくない記録更新
 今日開かれた外務委員会は、中曽根外務大臣の第170回国会における所信表明に対する各党からの質問が展開された。私も、風邪でしわがれ声になってしまい、体調も良好でなかったが、論戦に加わった。
 今回は、①米軍再編と在沖米軍基地の機能強化について、②米原潜「プロビデンス」のホワイトビーチへの無断寄港について、③沖縄船籍「大幸丸」の拿捕事件について、④嘉手納基地所属のセスナ機墜落事故について等を中心に質問した。
 外務大臣としての中曽根弘文氏の印象は、外交を知っているのかなー、大丈夫かなー、という感じを抱いた。中曽根氏は、文科大臣も経験した“文教族”ではないか。もっとも、官僚の作文に頼る大臣がほとんどだから、どなたが、どの省の大臣でも同じか。
 予め通告した質問には答えられるが、今日など、米軍再編、在沖米軍基地機能強化との関連で沖縄に駐留する軍人・軍属、その家族数を質問すると、答えられなかった。大臣も、外務省の役人も。
 私が通告外質問をした意図は、自公政権の中で歴代の総理、外務大臣、外務省役人は、ことあるごとに「沖縄の負担軽減」を口にするが、とても本気とは思えないからである。本気になって沖縄の負担軽減(私は全ての基地撤去を望むが・・・)に取り組まないと、犠牲を強いられ続けている県民の怒りは爆発するであろうことを予告しておこう。
 外務委員会で、米原潜「プロビデンス」の事前通報なしの寄港問題を取り上げた。奇しくも、今日午前11時に巡船ミサイルを装備した米原潜「オハイオ」がホワイトビーチへ初寄港したという。米海軍最大級の原潜だという。米原潜の寄港は今年に入って35回目となり、年間記録を更新中のようだ。嬉しくない記録更新だ。いつぞやもホームページに書いたが、ホワイトビーチが米原潜の母港になってしまうのでは、との疑念も残る。当然の如く市民も、市当局・市議会も強い抗議を示している。
 米原潜寄港問題に見られるように、米軍再編によって、在沖米軍基地機能は強化されているのですぞ、中曽根外務大臣よ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/32-05eabdc4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。