テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


起訴前の身柄引き渡しを!-読谷村における米兵によるひき逃げ死亡事件-
 11月7日に発生した読谷村におけるひき逃げ死亡事件で、米軍の監視下(禁足)に置かれている陸軍2等軍曹は、犯人と断定されているわけではない。容疑者として沖縄県警が任意で取調べている。私も弁護士の端くれとして被疑者の権利も十分に理解しうる。だが、一方で米軍人・軍属らの事件・事故で人間としての尊厳を否定されてきた一人のウチナーンチュとして、国会議員としての言い分もある。
 11月14日付琉球新報朝刊に、容疑者である2等軍曹の弁護人のインタビュー記事が掲載されている。弁護人によると2等軍曹は、「運転していた普通乗用車に血が付いていたことに気づいていた一方で『人をはねた認識はない』と話している」ことを明らかにしている。県警が押収した加害車両から被害者外間さんの毛髪や血液も検出されている。弁護人は「死体発見までに相当時間がたっているし、別の車にひかれて死亡したという合理的な疑いは十分にある」とも述べている。弁護人は、当日の飲酒については否定も肯定もしていない。
 私は、14日午前11時頃、山内徳信参議院議員、仲宗根悟県議と一緒に被害者の外間さんが発見された事故現場を見分した。現場の状況から判断して2等軍曹の犯行は間違いないと思う。事故現場のほか2等軍曹が借りているアパートや加害車両を持ち込んだ修理工場を訪ねて話を聞いた。事故現場からアパートの所在、現段階での本人の供述に照らし、飲酒(泥酔)の疑いを強く抱いた。警察の捜査結果を待つしかないが、疑うに足りる証拠はあるやに思う。犯人と決めつけるわけではないが…。それだけに適正捜査を遂げ、容疑者が固まり次第に逮捕状を執行してもらいたい。弁護人は2等軍曹が「公務外」であった事も認めている。然らば、第一次裁判権は日本側にある。そこで、身柄の引き渡し問題が発生するが、飲酒のうえでの事件の可能性、被害者の救済義務を尽くさずに逃走している等、犯情は極めて悪質であり、起訴前に沖縄県警に身柄を引き渡すべきである。
 弁護人は、取調べの全面録画、可視化を求めている。それは大いに結構だ。日本の捜査における密室での自白偏重主義は困る。だが、その事と不平等・不公平な日米地位協定の改正と本件事件のような悪質事件犯人の場合、起訴前の身柄引き渡しを求める県民の要求とは別問題である。県警は捜査を急げ。逃げ得は絶対に許すな。

14日 17時45分

読谷001
被害者の外間さんが発見された車道近くのギンネム林
読谷002
事故現場付近の見通しは良い。北側へ進行すると2等軍曹のアパートがある。
読谷003
2等軍曹は事故現場近くのトリイ通信所(陸軍)勤務。

 runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/321-a1c402ec



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。