テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京の天然温泉-瀬田温泉「山河の湯」
 昨日からの三連休、赤坂の宿舎に居る。原則として「金帰月来」の生活を送っているが、先週末からの三連休は地元沖縄には帰らなかった。
先週19日から20日未明にかけての“深夜国会”と20日の安保委員会での質疑、その間質問主意書の作成、沖縄と関わりの深い課題での政務に追われ、三連休は東京で過ごすことにした。参議員時代を含め、東京の宿舎で三日間も過ごすのは初めてである。
 連休のせいか赤坂宿舎は静かである。いつもは玄関口に多勢のマスコミが待機しているが、一人も見えない。見ていない。
 昨日から今日にかけて、読書と松本清張セレクションDVDに熱中する。読書のほうは「筑紫哲也-永遠の好奇心-」(朝日新聞出版)、香山リカ「しがみつかない生き方」(幻冬舎新書)、月刊誌「月刊日本」11月号を読んだ。筑紫哲也さんが亡くなって1年が過ぎた。尊敬する偉大なジャーナリストであった。筑紫さんがご健在であれば、政権交代と3党連立政権についてどのような「多事争論」を展開しただろうか。前掲の「筑紫哲也…」には「もっとも近い人」である妻 筑紫房子さんの手記もあり、多くの人に読んで欲しい。
 今日は暦の上では“小雪”とある。いよいよ秋も深まり冬も近い。今どき身も心も温まりたい。そこで、娘夫婦、孫らと温泉に出かけた。噂には聞いていたが、東京にも天然温泉があった。東京都世田谷区の瀬田温泉「山河の湯」である。太古の昔に地層の深所に貯留された「海水」が変質して形成された、化石海水型の温泉と考えられ、「美人の湯」とも呼ばれているらしい。(インターネット紹介文から)いやー、実に良い温泉だった。施設内に子供の遊び場も有り、2人の孫も十分に楽しめたようだ。樹齢300年を超える「大けやき」の木々を眺めながらの昼食も楽しめた。都心の温泉と緑に感激した1日だった。
 瀬田温泉だけでなく、東京都内には沢山の温泉があるようだ。身も心も温まった。連休明けの国会は一層緊迫が予想される。英気を養った分頑張ろう。だが、強行採決、深夜国会はダメだ。言論の府らしい白熱した議論で国民の期待に応えるべきだ。

22日 18時36分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/327-5f623b0e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。