テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハローワークの「ワンストップ・サービス」
 「勤労感謝の日」の11月23日、東京・豊洲の大型ショッピングセンターに買い物に出かけた。お目当ては、冬にそなえ、創業60周年を迎えたユニクロで冬物のセーターや下着などを買い求めるためである。近時、沖縄でも郊外型のショッピングセンターが流行(はや)っている。
 それにしてもすごい。”東京砂漠”に人、人、人の”洪水”である。行き交う人々の表情を観察するのが好きな私にとっては飽きることここそないが、余りにも大勢の買い物客に圧倒される。これぞ田舎者という感じだ。
 複合型の大型ショッピングセンターは、どこも賑わっていると娘から告げられる。混雑するユニクロの店舗では、お目当てのセーターと下着を見つけ、支払いのためにレジへ向かうと50~60名並んでいる。すぐに娘婿に支払いを頼む。店内を行き交う人々を観ていると、本当にこの国はデフレに突入し、景気は悪化、失業や貧困問題が深刻なのだろうか、と疑いたくなる。
 だが、総務省の発表では完全失業者数は363万人、東京・日比谷公園に「年越し派遣村」が出現した昨年暮れよりも90万人以上増加しているとのこと。363万人の完全失業者も9月時点の数字なので、もっともっと増えているかもしれない。雇用の改善、失業や貧困対策に政府が早急かつ万全の対策を講じないと、深刻な事態に陥るだろう。
 社民党は、失業者支援の一環として、ハローワークにおける「ワンストップ・サービス」の実施を早くから政策提言してきた。現在の制度では、失業給付や職業紹介はハローワーク、生活保護や住宅手当は市区町村、当面の生活費を貸し付ける生活福祉資金は社会福祉協議会と、担当窓口がいくつにも分かれている。失業者にとって制度は複雑、窓口はバラバラ、利用するには不便極まりない。それをハローワークの一ヵ所で受け付けるのが「ワンストップ・サービス」だ。
 政府もようやく11月30日から東京や全国の政令指定都市など計77ヵ所のハローワークで試験実施する運びである。大いに期待したい。要は、弁護士や社会保険労務士など支援事業に詳しい人員を配置して、親切かつ適切な対応を取ることである。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/328-d4d51a25



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。