テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「定額給付金」でふらつき、迷走し、その挙句「丸投げ」
 麻生政権が「定額給付金」の支給方法をめぐってふらつき、迷走し、その挙句判断能力を失い、地方へ「丸投げ」してしまった。そもそもこの「定額給付金」、元を正せば「定額減税」であったはずだ。それが、解散総選挙を意識し、「定額減税」だとねじれ国会の下で関連法案の成立の目処が立たないので、選挙対策として、早期に散撒く方策として「定額給付金」となったようだ。
 「定額給付金」は、1人12,000円、18歳以下と65歳以上の人には8,000円が加算されて支給される。当初、麻生総理は、所得制限を設けず、全国民を対象に配ると言明していた。それが、高額所得者にも配るのかとの批判が出るや、所得制限を言い出した。政権与党が調整した結果は、所得制限を設けることとなり、「1,800万円以上」の人は対象外とする目安をつけた。
 ところが、制度として所得制限を設定せず、所得制限を設けるかどうかの判断は、市区町村に丸投げしてしまった。つまり、国民にとって、住んでいる市区町村の判断の違いで、もらえる人、もらえない人の差異が出てくることとなる。
 迷惑を被るのは、市区町村だ。ただでさえ忙しい年末に、繁雑な事務を押し付けられ迷惑至極、困り果ててしまう破目に追い込まれている。
 「1,800万円以上」の所得制限にしても、世帯主の所得か、世帯全員の合計とするのか、決まっていない。支給方法でも、現金払いか、口座振込なのか、口座振込の場合、金融機関のない過疎地や口座そのものの開設がない人をどうするのか、問題は多い。
 政権与党は、「定額給付金」に2兆円を充てるというが、財源はどうするのか。財源を手当する補正予算や関連法案をどうするのか。確実な見通しもない。恐らく政権与党内の根回しも、十分な検討もないままに、麻生総理が人気取り、総選挙対策としてぶち上げたのであろう。
 「制度の細目が極めて曖昧で、国の施策としては無責任とも言える内容となった」「さんざん迷走したあげく、こんな中身では、国民も素直に喜べないのではないか」(11月13日、読売新聞社説)と批判するマスコミ報道もあるが、同感である。
 麻生総理は、定額給付金の支給と同時に、3年後の消費税増税も発表した。「定額給付金は一度、消費税増税は一生」。これでは経済対策にはならない事は明白だ。「政局よりは政策」と声高に言い続けて解散を見送り、出て来たのがこの程度の政策では、総理の見識と資質が問われる。
 高額所得者について、一時期、麻生総理が自主的辞退を言い出したのに対し、与党の幹部ですら「そんなの制度ではない」と批判が上がった。麻生政権はふらつき、迷走している。やがて自壊してしまうのではないか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/33-58aad94e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。