テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「切なる期待」と「過剰な期待」
 国会は、ほぼ正常化し、安全保障委員会も大臣所信に対する積み残しの野党質問が行われた。
その際、野党自民党の質問の中で気になったことがある。旧政権で副大臣経験もあるA議員の外務、防衛大臣に対する質問内容だ。沖縄出身議員として、大いに疑問に感じた。
 A議員は、野党自民党の立場で「普天間飛行場移設問題」に触れ、「13年余という長期間をかけて普天間問題が解決できなかったことは素直に反省したい」と言い切った。だが、言葉を繋いで「民主党も実現不可能な普天間の県外・国外移設を主張して、県民に過剰な期待を抱かせた誤りがある」と断じたのである。どうやらA議員は、民主党が実現不可能な「県外・国外」への移設を主張し、県民に「過剰な期待」を抱かせ、一層事態を悪化させている、と言いたいらしい。 
 たしかに、私も野党時代に民主党が「沖縄ビジョン」で普天間基地の県外・国外移設を主張し、鳩山総理も衆議院選の応援来沖時に代表の立場から「少なくとも県外へ」と主張していたことを鮮明に覚えている。だが、沖縄県民が米軍基地の県内たらい廻しや辺野古新基地建設ではなく、「県外・国外」への移設による普天間問題の解決を望むのは「過剰な期待」だろうか。
 違う。断じて違う。長年、米軍基地あるが故の事件・事故で苦しめられてきた県民にとって、普天間飛行場の県外・国外移設と辺野古新基地建設に反対するのは「切なる期待」である。言うまでもなく、「切なる」とは、「心からそれを欲する」ことである。沖縄県民の「切なる期待」に応える対米交渉と英断こそが、外務・防衛の両大臣に求められているのだ。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/331-a67be59d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。