テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福島・亀井会談に立ち会って
 11月27日正午から開かれた福島(社民党党首)と亀井(国民新党代表)両氏の会談に立ち会った。会談は、福島党首から持ち掛けられて実現したようだ。私は、直前に重野幹事長から「委員会日程上立ち会えないので代わりに立ち会ってほしい」と頼まれた。今日の福島・亀井会談の主目的が「3党連立政権合意に基づく普天間飛行場問題解決のあり方について両党間の意思確認(統一)」だと聞いたので、立ち会いをOKした。福島・亀井会談の結果については、会談終了後の共同記者会見で両当事者から発表されたとおりである。
 福島・亀井会談では、(1)連立3党間で旧政権下における日米合意を検証・検討するワーキング・チームを作るよう鳩山総理に求める、(2)両党抜きに鳩山新政権が普天間問題を決めることは連立政権の性格上できない、(3)普天間飛行場の移設先について、年内に決めることなんてできない、との内容が合意・確認された。両党間の合意ができたという限りにおいても、大変に有意義だと思う。有意義どころか「普天間問題」の3党連立政権内の協議進展や対米交渉においても強いインパクトになると考える。
 (ここまでブログ原稿を書き進めているところに福島党首より電話が入った。内容は「会談後、鳩山総理に電話を入れた。総理も両党が提起したワーキングチームを設けることに同意し、今夕の記者会見で発表する」とのことであった)
 振り返ってみると、絶妙なタイミングでの福島・亀井会談であった。もちろん、普天間問題解決まで手放しには喜べないが、一歩前進であることは間違いない。

写真091127記者会見DSC00745

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
戦い抜け社民党
僭越ながら、若造がご意見申し上げます。
はっきり言って、県外が実現しない、できないぐらいのお話であれば、社民党の独立価値はありません。とっとと民主党とくっついて、次期政界再編に備えた方がマシです。
それだけ、社民党の存在意義が問われてると思います。

父が言ってました、「日米同盟」なんて言葉はおかしい、これは「本来、日本と米国と沖縄(琉球)の同盟」だと。僕も同じ認識を持ちます。
狭い沖縄を犠牲にして、基地を一局集中させ、それで(もちろん、同盟関係自体にも、かなり問題があると思うけれども)、日本の安全を結果として得ている。
本来、日本全国均等に基地の脅威を分担するべきだ。先生や与良さんの仰せの通り、東京の論調はおかしい。沖縄の犠牲によって、同盟関係が成り立ってるという認識がなさすぎる。

六ヶ所など、原発の問題も近いでしょう。本来国ベースの壮大な問題を平和な自然の美しい田舎に押し付け、住民は賛成・反対でいがみ合う。

いずれも、賛成する側は、基地がなければ、原発がなければ仕事がなくなるという、悲しい理由......

私は八王子市民だけれども言いたいです、東京のど真ん中に、皇居の横にでも、世界一の原発や基地を建ててみろと。安全なんだろ?環境のためなんだろ?平和のためなんだろ?と。
それが、危険だ恐ろしいと、反対するのなら、都会人は地方への押し付けにも反対すべきなのが当たり前だ。人口過密の都会人が死の恐怖を味わうのは問題で、過疎の地方の人間なら多少死んでも、切り捨てても構わないというのか、そんなはずはない。基地をなくす方向へ、原発をなくす方向へ、いずれ向かわなくてはならないに決まってる。

照屋さんには10万人、山内さんには15万人がついているんです。なんとしても、県外、がんばってください。

ついでに書かせて頂くと、糸数さんや川田さんに社民党会派に入会して頂くことってできないのでしょうか? 考え方は民主党より近いんじゃありませんか? 川田さんは厚労委員会に入りれれば民主党会派に入っても良いとおっしゃってますが、そんなことお安い御用じゃないですか。社民党が用意してあげればいい。
2人入るだけでも、この問題への良い影響が出ると思います。実際は複雑な問題があるんだとは思いますが、素朴な疑問です。

長文になりました。すみません。
【2009/11/29 01:24】 URL | がんばれ社民党 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/332-95c03033



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。