テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風雲急を告げる「普天間飛行場移設問題」
 11月27日夜に「仲井真知事と鳩山総理が密会した」との噂話が飛び込んできた。すぐに関係者と電話連絡を取り合うと、その日に1時間近くも密談していたことがわかった。翌28日の新聞も密会を報じた。
 何のために?なぜこのタイミングで?知事と総理は極秘に会ったのか。「普天間飛行場移設問題」の早期決着(辺野古への移設を前提に・・・)へ向けて話し合った、としか思えない。早朝7時から8時までの1時間、マスコミを避け、総理公邸で密会する。堂々と公式会談できない理由(わけ)でもあったのか。
 今日の朝刊によると、鳩山総理は「米軍普天間飛行場の移設問題を中心に話をした」と記者団に語ったようだ。だが、会談の内容については「申し上げる段階ではない」とする。私は、「普天間飛行場」は閉鎖・返還して県外・国外へ移設せよ、とくどい程に主張してきた。最近は、日米安保の重要性を説きながら、日米安保体制の犠牲や負担を沖縄だけに押しつける政府と政治家に腹が立つ。沖縄に同情するふりをして、本気で犠牲や負担を応分に引き受けようとしない多くのヤマトンチューにも腹が立つ。沖縄に膨大で過密な米軍基地を押しつける現状が政治の不作為であり、政治的差別であることに気付いて欲しい。県民世論を読み切れず、普天間飛行場の県外・国外移設を要求できない仲井真知事にも腹が立つ。
 その仲井真知事と鳩山総理は、今日の午前9時から公式会談をしている。二人は先日の密談、今日の公式会談で何を話し合ったのか。「普天間飛行場移設問題」の決着に向け、風雲急を告げていることだけは間違いない。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/333-330e861e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。