テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


情報をどう読み解くか-普天間問題について-
 臨時国会も終わり、今日は地元日程が集中しており、沖縄に居る。午前に福島党首から電話があり、普天間飛行場問題で速やかに講ずべき新たな対策について指示を受け、意見を交換する。

 つい先程は、新聞社、通信社から電話で今日の鳩山総理の記者会見の内容から、「総理は年内に辺野古を決めるのではないか」との問い合わせがあった。そう言われ、意見を求められても鳩山総理の記者会見(いわゆるぶら下がりを含めて)内容の詳細を知らないし、答えようもない。さっそく、関係者に電話をかけまくって情報を集める。

 私なりに手を尽くして入手した情報分析の限りでは、総理の今日の発言は、日本政府の態度を近々アメリカに伝える、との趣旨であって、現行案(辺野古)を決めた訳ではないと理解する。第一、鳩山総理自身が「連立政権でもあり、沖縄の皆さんの期待感も別のところにあり、そう簡単ではない」と年内決着を否定しているではないか。連立政権の下において、社民党、国民新党を無視して決められるはずはない。いや、あってはいけない。沖縄県民の強い思いも無視できまい。

 たしかに、日米のワーキングチームの検討作業で、アメリカからの圧力は大きいと察する。だが、「対等な日米関係」を指向するならば、旧政権時の合意によらない新しい解決策を話し合うのが真の外交だ。私は、軍事戦略上の視点だけでなく、環境の視点からも辺野古案は断念し、普天間飛行場のグアムへの丸ごと移転こそが早道だと考える。

18時10分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/341-e93e3090



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。