テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカの巻き返し、圧力が強まっている
 「普天間飛行場問題」で鳩山総理がコペンハーゲンで開かれているCOP15でオバマ大統領との日米首脳会談の道を探っているようだ。報道によると、鳩山総理はその場で普天間の移設先に関する「その時までの政府の考え方」を米側に伝える決意を固めたようだ。今、鳩山総理にとっての3K(経済、基地、献金)が様々にマスコミに登場するが、私は鳩山総理は、(1)日米同盟=日米合意、(2)沖縄の民意=負担軽減、(3)連立政権の信義、などを総合して苦悩していると見る。

 毎日のように“日替わりメニュー”の如き報道があるが、「普天間問題」の結着は越年し、12月18日に鳩山総理がアメリカに伝える内容は、移設先を特定したものではなく、越年せざるを得ない日本政府の考え方の基本を伝えるに止めるものと理解する。

 その一方で、「普天間問題」に対するアメリカ側の巻き返し、圧力が強まっている事は間違いない。官邸や外務、防衛の両省に対し、「アメリカを取るか、社民党を取るか」と圧力で迫っている、とも聞く。ルース駐日大使は、日米合意した辺野古移設が「唯一実現可能性」があると、声高に主張する。数日前からアーミテージ元米国務副長官が谷垣自民党総裁や鳩山政権の要人と会い、日本政府の対応に懸念を表明している。アーミテージ氏は、「懸念を表明」する形で圧力を加え、巻き返しを計っているに違いない。

 今日の東京新聞朝刊に、鳩山総理と官房長官、外務相、防衛相、沖縄担当相が毎日のように協議していることに関連し、「連立政権を離脱する構えを見せている社民党の対応に関しても意見交換したとみられる。」と報じている。

 社民党の態度は揺らぎません。私の方にも電話、ファクシミリ、メールが届いています。党三役にも同様に届いているはずです。

17時13分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/342-a88e20e8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。