テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「歴史の記憶」と普天間問題
 1609年の薩摩による琉球侵攻から、今年は400年の節目の年である。今年は、沖縄、鹿児島を中心に様々なシンポジウムがあり、年始から同問題についての専門家らの論文発表などがあった。薩摩による琉球侵攻400年を捉えるキーワードが「歴史の記憶」である。
 今日(12月9日付)の沖縄タイムス「大弦小弦」欄に真久田巧記者が注目すべき署名記事を書いている。真久田記者は「本土は自らの地位保全や安寧のために毛色の違う同胞としての沖縄をことごとく犠牲にしてきた歴史が連綿と続いているのが実態ではないか。その延長線上に普天間問題もある」と書き綴る。私は、真久田記者の歴史認識、現状分析、普天間問題の捉え方に共感する。
 私は、かねてよりこのブログで、沖縄に国策の犠牲を強要してきた時の政府(権力)を”疑え”、と言ってきた。過剰な期待をするな、とも言った。真久田記者は、沖縄と本土の歴史の関係に言及し、「・・・・・こうした犠牲の歴史に終止符を打つ。それがいま県民世論としての動かしがたい流れとなっている『県外移設』といえる。歴史の記憶に立つなら、本土も応分の負担をと主張して当然ではないか」と結んでいる。
 そうなんだ。普天間問題で沖縄との連帯を表明する者、わが党を含む各党の国会議員、運動体の人々、普天間問題に無関心な圧倒的に多くの国民は、沖縄の「歴史の記憶」に照らして米軍基地の応分の負担を決意し、覚悟してもらいたい。真剣に、ね。

---追 記---
 ここまで「歴史の記憶」について書いてきた。ふと琉球新報朝刊(12月9日付)に目を移すと、佐喜眞美術館長の佐喜眞道夫氏が、美術コラム欄「視線」に「米軍普天間基地」と題する一文を書いている。
 その中で佐喜眞氏は「沖縄戦の記憶」に触れ、「今、日本国民の間で、地上戦だった『沖縄戦の記憶』が共有され、東アジアの中でどのように生きていくかということが切実な問題として考えられているならば、安保条約を結んでいる責任において米軍基地は国民みんなで担いましょう、という沖縄の主張は苦渋と共感をもって理解されていくと思う」と書き結んでいる。
 佐喜眞氏は、米軍普天間飛行場の一部を返還させ、美術館を造り、運営する人である。佐喜眞氏の一文には、高い説得力がある、と理解する。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
大東亜戦争で地上戦は、樺太でも千島列島でも
行われています。
かの地は、日本国の統治下にはありません。

日本国の統治下より、よくなるんでしょうから、
中華人民民共和国琉球自治区として、
がんばってください。

【2009/12/09 23:32】 URL | 高田 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/343-9f38f459



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。