テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北京でのあるある大発見
 今回で10回目となる中国訪問で、北京に滞在中である。滞在といえば大袈裟だ。昨日、今日の2日間のみで、翌朝は上海へ行く。初めて北京に来たのは1990年代の後半、元総評事務局長の故・岩井章氏を団長とする北朝鮮訪問団の一員としてであった。あの時は、初めて直に見、接する素顔の“社会主義国”中国と北朝鮮に驚愕と戸惑い、ある種の感動と不安、不思議大発見の旅であった。北京は4年ぶりだ。4年前の12月、村山元総理、福島党首と一緒だった。

 今回の北京訪問での「あるある大発見!」(食べもの編)その1は、ドラゴンフルーツ。今や沖縄でも珍しくないドラゴンフルーツだが、出合った頃は文字通り“ドラゴン”という感じで珍味だった。甘すぎず、ほど良い甘さのドラゴンフルーツが私は大好き。白より赤が好きだ。今日、ブッフェスタイルのホテルの食事会場で、白のドラゴンフルーツを発見。全人代のメンバーとの食事会でも出た。

 その2は、野国イモ。イモは、野国総管によって中国から琉球に伝来した。最近、嘉手納町が野国イモを使った食品を開発し、町の経済活性化に活かしていこうと取り組んでいる。私も、昨年の嘉手納町産業まつりで野国イモに出会い、顎が落ちそうになるくらいの旨さに感激した。
 今日のホテルでの昼食時、野国イモらしき物を見付けた。まさか?よもや?と思いつつ、皿に取り、食した。うーん、と唸った。形、色、味といい、間違いなく野国イモだ。余りの嬉しさに、メンバーに紹介した。不思議大発見のつもりだが、冷静に考えると、もともと中国から伝来した野国イモだ。

北京で見つけた野国イモ
北京で見つけた野国イモ

 それにしても嬉しい。機会があれば、宮城嘉手納町長に話し、商工会の皆さんに「野国イモを訪ねる中国の旅」を企画するように勧めることにしよう。これぞ、本当の日中交流だ。やはり、わが沖縄・琉球王朝以来400年以上を誇る中国との文化、芸術、工芸等多方面にわたる交流の歴史が証明された。

 その3は、ゆし豆腐。夜の全人代との夕食会。純な中国料理ではない。西洋料理との“チャンプルー”だ。最初に出たのがゆし豆腐と野菜のスープ。沖縄のゆし豆腐のような、ごつい感じはなくスマートにまとまっているが、味は間違いなくゆし豆腐。これも旨い。

 かくて、今回の北京訪問は、食事を通して中国と沖縄の結びつきを深く実感する旅となった。

12月15日 18時30分(北京時間)

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/348-d1fd155f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。