テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


要警戒、鳩山総理の改憲論
 12月28日、官庁の御用納めの日である。政治家(国会議員)には「御用納め」などない。一方で、弁護士業務は一年の締め括りで御用納めとなる。今年最後の無料法律相談に応ずるべく、早くに法律事務所に出る。
 御用納めの日にふさわしいのか、ふさわしくないのか、即断は難しいが、鳩山総理の危険な改憲論批判を素直に書く。
 鳩山総理が12月26日の民放ラジオ番組収録で会見意欲を表明した。遂に指折の改憲論者の本性発揮か。私や社民党にとって、普天間問題についての鳩山総理の決断も要警戒、要注意だが、それにも増して改憲論も要警戒だ。
 報道によると、鳩山総理は「地方と国のあり方を逆転させる地域主権(実現)という意味での憲法改正をやりたい」と語り、自民党との協議も視野に改憲への前向きな姿勢を表明したようだ。鳩山総理が言う地域主権実現のため、なぜ憲法改正が必要なのか、個別法の立法ではなぜダメなのか、私には理解できない。
 9条改正について、鳩山総理は「必ずしも9条の話ではない。できる限りベストな国のあり方のための憲法をつくりたい」と慎重な態度を示す。だが、鳩山総理は2004年に独自の憲法改正試案を発表しており、その試案は「自衛軍」の保持も含んでいる。しかも、1999年の民主党代表選挙では、憲法9条を含めた改憲を強く訴えて当選している。2007年には超党派の「新憲法制定議員連盟」の顧問にも就任しているのだ。
 民主党は、夏の衆議院選挙のマニフェストで憲法改正については触れていない。けれども、民主党は「創憲論」の立場で憲法改正(悪)論者が多い。護憲の社民党、護憲論者をもって任ずる私としては、鳩山総理の改憲論は要警戒、要注意である。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/357-76e849a0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。