テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「医者は社会的常識が欠落している」この発言、総理の本音、それとも放言
 麻生総理の貧弱な語学力については、先日のブログに書いたが、放言癖(力)と言うべきか、失言癖(力)はたいしたものらしい。
 11月19日の全国知事会議で、医師不足問題、地方の医師確保策についての見解を問われ、「自分が病院を経営しているから言うわけじゃないけれど、大変ですよ。はっきり言って社会的常識がかなり欠落している人が多い」と語ったらしい。麻生総理は、地方の医師不足の原因が医師側にあると指摘したいのであろう。麻生総理、はっきり言ってそれは違うのではないか。医者の社会的常識の欠落などと批難をするのではなく、政府の政策としての医者養成の遅れ(見込み違い)、診療報酬や薬価基準の問題、医者の都市への偏在など、政治の責任が大きいのではないか。それに、小泉構造改革以来の新自由主義の政治の中で、医療、介護、福祉など、社会保障全般が大事にされない政治が続き、医師不足=医療崩壊の今日を招いたのではないだろうか。私など、麻生総理が全国の医者以上に社会的常識に富んでいるとも思えない。
 麻生総理は、その日の夜、官邸で記者団に対し、「お医者さんになったおれの友達もいっぱいおるんだけど、何となく意見が全然、普段から波長の合わないのが多いな」との感想を述べたらしい。この感想を聞くと、前記発言は、本音であって、失言や放言の類いではないかも知れない。人間、全ての人と波長が合うはずもないし、無理に波長を合わせる必要もない。
 麻生総理は、「まともなお医者さんが不快な思いをしたっていうんであれば、申し訳ありません」と謝罪したようだが、言いたい放題、デタラメ言って、ゴメンナサイと謝れば済む問題ではないと思うなあ。
 漢字の誤読で週刊誌やマスコミ報道で、麻生総理の国語力が問われているが、失言癖、放言癖の方がもっと問題のようだ。「定額給付金」問題で政策も迷走し、解散も先送り、二次補正予算も今臨時国会に提出しようとしない麻生総理の政治家としての“常識”はどうなっているのだろう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/37-6583f2c6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。