テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総理や官房長官は民意をどう考えるのか
 選挙で民意を問うとか、民意を反映させるという場合の民意とは、国民の意思である。市長選挙で示されるのは、市民の民意である。政治の世界では、民意を無視したり、軽視をしたりしてはいけないという考え方が常識であろう。いや、政治家にとって民意を重く受け止め、尊重すべきは理の当然である。

 1月24日、注目の名護市長選挙で辺野古への新基地建設反対を公約に掲げる稲嶺進氏が当選し、新市長が誕生した。名護市長選挙の結果に示された民意は、辺野古への新基地建設反対であり、基地とリンクした北部振興策のあり方(アメとムチの国策による振興策)の見直しなどである。名護市長、沖縄県民の誰しもがそのように考えた。ところが、名護市長選挙の結果を受けての総理、官房長官、関係大臣等の発言には、失望を越えて大きな怒りが名護市民や県民から挙がっている。

 先ず、鳩山総理は、普天間飛行場の辺野古移設に反対する稲嶺進氏が当選したことについて「民意の一つの表れだ」と何とも素っ気無い。他人事のように記者団に語っている。岡田外相は、「一つの民意が示されたからきちんと受け止めたい」と語り、北沢防衛相は「慎重に民意を確かめたい」と語っている。何故、示された民意を重く受け止め、最大限尊重する、と言えないのか。平野官房長官に至っては、「(選挙結果を)斟酌しなければいけない理由はない」と述べている。今朝のテレビで、平野官房長官の発言を聞いて胸くそ悪くなり、怒りを覚えた。
 
 平野官房長官が名護市長選の結果を「斟酌しなければいけない理由はない」と言い切るのは、選挙で示された民意は尊重しなくてもいいということだろう。何たる暴言だ。
 
 私は、市民選挙の結果、普天間飛行場の辺野古移設という選択肢は完全に消えたと思っている。ところが、総理や官房長官は、「辺野古に移設する現行計画を外す考え方には立っていない」「ゼロベースで検討する。あらゆる可能性がまだ含まれている」などと述べている。とんでもない。辺野古新基地建設反対の民意は、市長選挙ではっきりと示されたのだ。
 
 「政治を行う人は民意を大切にすべきではないか」。名護市長に当選した稲嶺進氏は明言している。

1月26日 11時50分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/382-89d95011



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。