テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


稲嶺少年の夢
 稲嶺恵一元沖縄県知事の少年時代の話ではない。稲嶺進名護市の新市長(1月24日、初当選)の話でもない。

 今日、10時から、死刑廃止議連(会長亀井静香氏)の勉強会があり、それを終えて会館事務所へ戻る1階エレベーター前で、沖縄タイムス東京支社編集部長の稲嶺記者に会った。息子らしい少年と一緒なので、「息子か」と尋ねると「そうです」との返事(顔が似ていた…)。聞けば、休みを利用して上京した息子を国会案内すべく、わが事務所に通行章を借りに行く所だったらしい。

 議員事務室で話を聞いてみると、3月に小学校を卒業予定という。メガネをかけて勉強ばかりしている感じがしたので、「何かスポーツをやっているか」と語気鋭く問うと、「柔道です」との返事だった。そこで、私は前原高校在学中に柔道部だったこと、入部した頃はやせ細っており、先輩部員の受身の練習役で投げられっ放しだったことなどを話した。「得意技は」と聞けば、「大外刈(おおそとがり)」と言う。私の得意技は「体落(たいおとし)」だった。
 
 ある時は、コザ署(現沖縄署)で昇段・昇級の認定試合があった。運悪く、照屋少年の相手が海兵隊の強面なのだ。試合開始と同時に、相手の襟を摑んで必死に逃げた。必死に迫る相手に咄嗟に「体落」の技をかけると、でかい海兵隊員は、勢い余って吹っ飛んだ。照屋少年の一本勝ち。私は3級を(たしか茶色帯)を認定された。
 
 全沖縄の新人大会にも先鋒として出場した。今は取り壊された武徳殿が試合会場だった。対戦相手は、当時の強豪・沖縄高校。先鋒の照屋選手は試合開始の合図とともに大きな掛け声で気合いを発した…その瞬間に畳に投げつけられていた。なんとも無様な姿であったろう。その時の沖縄高校の真喜志選手は、後に沖縄尚学柔道部の黄金時代を築いた名監督である。たしか、全国制覇をしたと記憶する。
 
 話が進んで、稲嶺少年は将来弁護士になるのが夢と聞いた。ぜひ夢を実現して欲しい。前原高校時代、投げられっ放しの柔道少年照屋も弁護士になった。今日会えたのも何かの縁だ。それにしても、小学校卒業時に将来のしっかりした夢を語れるとは実に頼もしい。稲嶺少年には、弁護士の夢を実現するために多いに本を読むべしと意見した。親父の稲嶺記者はいつになく厳しい追及もなく、聞き入っていた(やりとりを聞いていた塚田秘書は柔道少年テルヤを信じられないと言う)。

2月12日 16時50分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/397-f4edb4e0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。