テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちなーむん、まあさむん、すぐりむん
 嬉しく、楽しい一日だった。大袈裟な言い方をすれば、ウチナーに生まれ育った者として、ウチナーンチュの誇りを感じた一日であった。
 今日は、午前10時から渡嘉敷喜代子県議と一緒に、宜野湾市内の野嵩地域を挨拶回りする予定であった。少し早目に渡嘉敷県議の事務所を訪ねると、お連れ合いの勇さんも待機しておられた。一緒に廻ってくれるという。頼もしい限りだ。大変ありがたい。
 出発前に「宜野湾市産業まつり」が開催中であると知り、急遽予定を変更し、市役所向かいの市民広場で開かれているまつり会場へと出かけた。宜野湾市産業まつりでは、市内の各種団体、個人が出店し、宜野湾市の特産品を展示・販売していた。農産物、工芸品、山羊や牛の品評会、JA婦人部の漬物加工品、字大山のたーんむ等”うちなーむん”、”まあさむん”、”すぐりむん”が勢ぞろいし、宜野湾特産品が安く販売されていた。私などガチマヤーだから、たくさん買い込んだ。見ていると、渡嘉敷県議も買い込んでいる。
 もちろん、センキョ運動も忘れてはいない。会う人ごとに名刺を渡す。多くの人から激励を受ける。正直、勇気が湧く。中には、「自分の住んでいる地域周辺にテルヤさんのポスターが貼られていない。早く貼ってくれ、相手は貼りだしているよ」と心配し、忠告してくれる方もいた。
 地産地消、地元の特産品の良さをみんなで確認し、一過性の”まつり”として終わらせるのではなく、地域経済活性化と地場産業の育成を通して、地域全体の振興へと繋げていかなければならない。
 午後も予定を変更して、沖縄コンベンションセンターで開催中の「離島フェア2008」に出かけた。「再発見!ウチナーの島々」をテーマに、今年で20回目を数える離島フェアだ。この間、何度か足を運んでいるが、今年は天気にも恵まれ大盛況であった。
 「本土からすると沖縄は離島である。さらに沖縄にはたくさんの島々があり、それぞれ個性的な魅力が満載である。これらの島々を県内外へ紹介することで、島おこしへと繋げる」「離島フェアは、離島の産業振興と併せて離島相互間、都市部間の交流を促進するとともに、新たな地域資源を発掘し、住民自らの創意工夫による地域づくりを支援することを目的とします」―会場で配られたパンフレットには、上記のように離島フェアの目的が書かれていた。会場は、ウチナーの島々の個性にあふれ、島のにおいにあふれていた。ここでも”うちなーむん”、”まあさむん”、”すぐりむん”の島々の特産品を買い求める人だかりで押し合い、へし合いの大盛況だ。
 かつては、”うちなあむん”は「島ーぐわぁ」と呼ばれ、ウチナーンチュ自らが、半ば蔑(さげす)んでいた。ところが、今では”うちなぁむん”の良さが見直されて、商品化され、流通ルートに乗り、販路も大きく拡がった。やっぱり”うちなあむん”は良い。
 ワッター ウチナー ケンサンピン!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/40-f13697fd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。