テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「普天間基地」は閉鎖して、「県外・国外」へ
 再三再四、言ってきた、書いてきた。私や社民党の方針は一貫している。あえて、今日も言う。「世界一危険」な普天間飛行場は、一刻も早く閉鎖・返還すべきである。その上で、速やかに「県外・国外」へ移転すべきである。この方針(立場)を社民党は去る衆院選で公約し、私も明確に有権者に表明し、当選した。わが社民党の福島党首も、当時も今も態度は明白だ。社民党は去る1月23、24日の党大会で、前記方針を決議した。
 
 今朝の地元二紙、全国紙は、今日(2月17日)17時から官邸で開かれる予定の沖縄基地問題検討委員会における普天間基地の移設先案提示に関し、さまざまに報じている。確かに、昨日の与党3党の国対委員長会談で、具体的な移設先名の提示を見送るよう決定し、その旨、官房長官に申し入れた。結果、「検討委」は開くが、具体的各党の移設先案提示はやらない事になった。ただ、一連の報道の中で、移設先案提示が先送りになったのは、「社民党の提案の内容がまとまらなかったから」との報道は違う。断じて違う。

 私は社民党内の沖縄基地問題対策プロジェクトチームの座長である。同PT及び「検討委」に参加している阿部・服部の両議員やその秘書、党政策審議会担当者は連日熱心に議論、検討作業をやっている。「検討委」が開催される前後には、毎回集まっている。提案内容も先週でまとまっている。

 ましてや一部新聞が、昨日(2月16日)夕刻に開いた党PTでも提案内容がまとまらなかったとか、党内路線対立とか書いている報道は誤っている。
 
 先ず、昨日の党PTは、予めアメリカのQDRの勉強会が目的で、防衛省や外部講師を招いて開いたものだ。党PT終了後、その旨を記者に説明したのに、前記の内容で報道される。私は、報道の自由は認めるし、尊重する。だが、正確に報道して欲しい。切に願う。多くの記者諸君がこのブログを見てくれるよう願っている。

2月17日 10時58分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/400-b7ed0dec



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。