テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


普天間の移設先に「勝連沖埋立案」が浮上
 米軍普天間飛行場の移設先案として国民新党が提起する「キャンプ・シュワーブ陸上案」「新嘉手納統合案」とは別に、「うるま市勝連沖埋立案」が浮上している。地元紙の琉球新報は「普天間飛行場移設 勝連沖に併設検討」「政府、民主喜納氏に伝達」の見出しで報じている。

 記事の主な内容は沖縄タイムスも同じなので、共同か時事の配信記事だろう。ただ、琉球新報の記事は平野官房長官が3月10日民主党県連代表の喜納氏と面会の折、同案を説明したとなっている。最近、報道で「ホワイトビーチ案」(米軍ホワイトビーチから沖合いの津堅島の間を埋める)とか「勝連沖埋立案」(うるま市勝連浜比嘉の沖合いを埋立て、人工島を作る)が取り沙汰されている。

 私は、先に「ホワイトビーチ案」は、水深や潮流、モズク養殖場などとの関連で不可能だとブログに書いた。一方の「勝連沖埋立案」は、地元の経済人が民主党参議院議員の犬塚氏と一緒に北沢防衛大臣に持ち込んだ案との確実な情報に接した。

 「勝連沖埋立案」は地元経済人O氏が1999年時点から構想し、新聞紙上等に公表した案が基調になっている。埋立て面積が300万坪余り、普天間飛行場、航空自衛隊那覇基地、那覇軍港の機能を集約する案である。3月13日、JTA問題で「うるの会」と沖縄県三役との意見交換会の折、仲井眞知事に「O氏からの案についての説明を受けたか」と訪ねたが、知事は「全くない」と否定した。

 勝連沖埋立案は、海を埋立てての300万坪(普天間飛行場の2倍強)という膨大な新基地建設であり、地元うるま市、漁業関係者、うるま市民や県民の理解を得る事は不可能と判断する。マスコミでは、現在、北沢防衛大臣がキャンプ・シュワーブ陸上案」を、平野官房長長官が「勝連沖埋立案」を推進している、との予測報道が多くある。

 先ほど国民新党の下地議員に電話をすると「勝連沖埋立て案には反対だ」と言っていた。私は、再三言うように普天間飛行場のいかなる県内移設にも反対の立場である。

 去る3月13日の沖縄タイムス、琉球新報に「普天間解決の道」と題する共同通信編集委員石山永一郎氏の「核心評論」が掲載されている。評論の中で石山氏は、グァムと北マリアナ諸島への移設が最有力候補だろうと書いている。私や社民党の主張と同じ論を展開している。実に心強い限りだ。今日は、ブログにおいて大声で叫ぼう「勝連沖埋立て案」反対!と。

3月15日 15時25分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/419-0587ce81



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。