テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


狙われた“うるま市”
 昨日(21日)は春分の日、今日は振替休日である。今日は初夏を思わせる好天気だ。すでに3月20日に「海びらき」で歓声を挙げたところもある。
 天気清朗なれど、わが気持は一向に晴れない。沖縄の米軍基地の行方、普天間飛行場の解決の行方が心配で、連休中も気の休まる時が無い。
 最近、米軍から、米軍基地から私のふるさとうるま市が狙われているような気がする。つい先日は、県立中部病院の敷地に大型米軍車両が侵入し、器物を損壊した事件が発生した。
 昨日(21日)には、在沖海兵隊キャンプコートニー(うるま市在)所属の3等軍曹が酒気帯び運転・事故不申告で逮捕されている。酒気帯び運転によるタクシーへの追突である。(沖縄タイムス)
 そのうえ、今日(22日)午後にはうるま市勝連のホワイトビーチに米海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦「ヒューストン」(6082トン)が寄港するとのこと。「ヒューストン」は、2008年8月に放射線物質を含む冷却水漏れ事故を起こした潜水艦である。ホワイトビーチへの原潜寄港は急増しており、強く抗議する。ホワイトビーチが米原潜の母港化になる恐れを危惧する。政府も寄港急増の理由を米側に質すべきである。地域住民の安全政策に万全を期すべき事は言うまでもない。
 このような状況の中で、普天間飛行場の移設先として、うるま市勝連沖埋立案が急浮上したとのマスコミ報道である。単なる移設先案ではなく、69万坪という巨大規模の海を埋め立て、巨大海上基地を造ろうとする案だ。とても許せない無謀な計画だ。私は、3月20日の「ちゃーすが普天間」の討論会でも「東海岸の海全体を殺してしまう」移設案だと強く批判した。
 来る3月25日(木)午後7時から、きむたかホールに於いて「与勝海上基地建設に反対する うるま市民総決起大会」も開催される。米軍から、米軍基地から狙われたうるま市。
 うるま市民の総立ち上がりで“与勝海上基地”を阻止したい。

13時25分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/425-a1ff339e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。