テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国会内外に秋は深まる
 国会議事堂の周囲の銀杏の木々が黄葉している。国立国会図書館正面の桜の老木の葉っぱも赤く紅葉し、多くは落葉している。
 午前8時30分からの党常任幹事会に出席する。会議室の窓から見る皇居のお堀周辺は、濃い松の緑に名の知れぬ木々の紅葉が映える。
 会議を終えて議員会館に戻る時、細かい霧雨が降ってきた。後遺症が残る重たい足にスピードを加える。憲政記念館あたりは、紅葉で本当に明るさを増しているように感ずる。チラつく秋の小雨に冷気を覚える。
 気が付けば、国会周辺を歩く人々もコートを着け、首にマフラーを巻いている者が多い。今時、地元沖縄で見かける風物詩とどこか違う、明らかに違う気がする。昨日のどの夕刊紙だったかなあ、“絨毯色に染まる”とのロマンチックな表現で、紅葉と秋の深まりを報道していた。
 今日は定例の本会議がない。一日中、議員会館で読書、資料整理、質問主意書の作成などで過ごす予定だ。何件か、地元沖縄から来年度予算編成に向けての要請団が来館する。この時期の予算要請もいつもながらの「永田町風物詩」である。
 地元要請団には可能な限り、直接面談のうえ、意見を誠実に聴取するよう心がけている。知り合いの市町村長らに逢えるのも楽しみだ。

 地元事務所から、地元紙のFAXが届いた。
 県と沖縄市が、中城港湾泡瀬埋め立て(東部海浜開発)事業への公金支出差し止めを命じた那覇地裁判決を不服として控訴する方針を決めた、と報じている。
 私も社民党県連も、一審判決を重く受け止め控訴を断念すべきと考え、その旨、東門市長にも申し入れていたので、控訴方針決定は残念だ。とても承服できないし、理解しえない。
 
 会期末を迎えた国会は波静かである。与党は12月25日までの延長を決めたようだ。国民にとっても、私にとっても、困ったクリスマスプレゼントになりそうだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/43-c22103b8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。