テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


徳之島にも米軍基地はいらない
 徳之島は、琉球弧の一つの島である。琉球王朝いらいの歴史的つながりも深く、文化圏を共有している。
 普天間飛行場の移設候補地として先週の来沖時に北沢防衛大臣が名指しをした。報道では、民主党の議員が頻繁に徳之島を訪れているらしい。総理側近を自称する同議員は、「総理の依頼による調査」と「島の有力者との接触」を公言している。
 その徳之島で3月28日、島民4,200名(主催者発表)が結集して「徳之島への移設を断固として反対する」大会が開催された。約2万5,000人の小さな島で4,200人の住民が「普天間移設反対」に決起した意味は重大だ。いかに島民が反対しているか、島民の怒りを鳩山政権の閣僚は知るべきだ。
 大会では、主婦代表の磯川まりえさん(39歳)が「子どもを犯罪と騒音の中にさらすことはできない。子宝・長寿・結いの島に基地はいらない」と訴えたようだ。(毎日新聞)その思いに共感するものである。
 私は、普天間基地を「県外・国外」へ移設すべきだと考える。日米安保体制を容認するのであれば、米軍基地の負担も等しく国民全体が負うべしとも考える。そのうえで米軍基地との共存を拒否する闘いを認めるし、評価する。米軍が「地元が嫌がる所には基地を配備しない」考え方であればこそ、私や社民党が提案するグアム、北マリアナ諸島への移設を真剣に対米交渉すべきである。
 この国の安全保障や基地被害で苦しむ人々に思いを馳せず、想像力を働かせることもしない、思考停止状態の多くの国民に警鐘を鳴らしたい。厄介な米軍基地は沖縄・琉球弧に押しつけておけ、と安易に考えるのは大間違いだ。米軍基地を拒否しているのは沖縄だけでない。徳之島も怒っているぞ。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/430-0b3b9af5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。