テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総理と大統領は10分間で何を語り合った
 4月12日夜(日本時間13日午前)に、ワシントンで鳩山総理とオバマ大統領の非公式会談が10分間行われた。会談時間については、「わずか10分間」と考える人、「貴重な10分間」だと評価する者に分かれるであろう。とまれ、日米両首脳が核安全サミット中の夕食会で「話し合った」事は間違いない。この場合、公式会談ではないので、私は「話し合い」と捉える。

 鳩山総理は、「じっくり2人だけで話ができた」と笑みすら浮かべて胸を張り、上機嫌で記者会見で語っているので、その通り信ずる事としよう。問題は、何をじっくり話したのか、である。鳩山総理の口から話し合いの内容、オバマ大統領の返答が語られる事はない。

 鳩山総理が「国外、少なくとも県外」と沖縄県民に公約し、「5月末までに私が決める」と国民に約束した普天間飛行場問題は、両首脳間で語られたのか。大変に気になるが、報道から推測するしか手立てはない。

 「普天間来月末決着、首相の直談判不発」「日米ぎくしゃくぶり露呈」(毎日新聞)、「普天間 日米すれ違い」「会談10分 首相思い伝えただけ」(読売新聞)、「普天間5月決着絶望的」「鳩山首相にもう後はない」(朝日新聞)などの見出しが踊る今日の朝刊各紙の記事は、鳩山総理の10分間の直談判は不発に終わったとの報道になっている。

 私は、命がけで解決すると言った鳩山総理を信じたい。同時に、沖縄県民に公約した「国外、少なくとも県外」への普天間移設を実現してもらいたい。どんな事があっても、普天間飛行場の継続使用や県内移設であってはならない。

2010年4月14日 9時54分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/443-fd004bfb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。