テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「4.25県民大会」の成功へ向けて
黄色(テルヤ後援会)
黄色で意思表示!(テルヤ寛徳後援会事務所)

ハンスト
72時間ハンスト決行中の下地さんを激励(4月21日14時30分頃 衆議院議員第二会館前)

 4月25日、読谷村運動公園で開かれる予定の県民大会は、去る2月24日に沖縄県議会で全会一致で採択された意見書の実現と、日米両政府に対して県民意志を示すことが主たる目的である。要するに、前記意見書の趣旨である米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還、「県内移設反対」、「国外・県外」移設の要求実現を期すことにある。
 今、実行委員会では県民大会の成功に向けて、着々と創意工夫による意思表示の手段が考案されている。その一つが、県民大会に参加できない者も黄色いシャツや腕章、リボンを着用し、”黄色=イエローカード”で米軍基地移設「No」の意思表示をしようという県民運動である。その黄色作戦に賛同して、地元秘書が後援会事務所正面にでっかい黄色の幕を張り出した(写真参照)

 二番目の話題はハンストである。八重山出身の下地厚さんが国会前で72時間のハンガーストライキに突入した(写真参照)
 下地さんは、ハンストにあたって、(1)沖縄新基地建設を絶対許さない、(2)基地の県内たらいまわしを許さない、(3)これ以上の沖縄差別を許さない、と決意を表明している。東京に住む一人のウチナーンチュとしてのやむにやまれぬ行動であろう。私も琉大生の頃、復帰闘争の中でハンストを経験したことがある。下地さんのハンストによる強い意思は、「4.25県民大会」への結集をめざす実行委員会、県民に強いインパクトを与えるに違いない。

 このような動きを尻目に、仲井真知事の態度が定まらない。余りにも優柔不断である。実行委員会からの出席要求に依然として返事がない。県民の総意を無視する仲井真知事に「いい加減にせい!」と怒鳴りたい。あーぁ、情けない。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/451-9e129186



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。