テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「4.25県民大会」は、鳩山総理糾弾大会ではない
 昨日まで、「4.25県民大会」への出席態度を明らかにしていなかった仲井真県知事の大会出席が決まった。県民大会実行委員会事務局長の新里米吉県議に「出席する」との電話連絡が入ったようだ。先ずは、知事の出席返事を歓迎したい。
 
 私も、今日午後に知事に会い、出席を促すつもりだったが、方針を変え、一緒に県内移設反対、「県外・国外」への意志を表明する事を誓い合いたい。
さて、今度の「4.25県民大会」は、鳩山総理を糾弾する大会ではない。少なくとも現段階では・・・。私は、今現在も鳩山総理は「県内移設」でない選択、すなわち「国外、少なくとも県外」を真剣に考えていると信ずる(私の今朝までの情報収集の結果に基づく分析が根拠だ)。

 ところが、外務・防衛両大臣や両省の官僚たち、あるいは官邸の者もアメリカの圧力に屈し、辺野古現行案に戻る可能性が強い。そうなると最悪だ。連立政権も崩壊し、参議院選挙も闘えない。もちろん、沖縄の抵抗は想像を絶する。よって、私は「4.25県民大会」は、5月末までの決着に捉われずに、普天間基地問題の本質に迫る解決を目指しつつ、政権内で孤立状態にある鳩山総理を激励する大会であらねばならないと考える。そうすることによって、「国外、少なくとも県外」という鳩山総理の公約実現を後押しするのだ。
 
 私は、「嘉手納統合案」「シュワーブ陸上案」「勝連沖埋立案」をアメリカの圧力で断念し、「徳之島移設案」をアリバイにして辺野古現行案に戻ろうとする策動を怒りをもって糾弾したい。

2010年4月23日 11時00分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/453-c55361a5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。