テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄差別を撃つ意志を表明-「4.25県民大会」-
 「4.25県民大会」は大成功だ。
 県民大会の正式名称は「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と、県内移設に反対し国外・県外移設を求める県民大会」である。

 大会主催者の実行委員会は、読谷村運動広場に結集した参加者を9万人、宮古会場に3,000人、八重山会場に700人と発表した。大会に参加した私の印象では、会場に至る道路は大渋滞、大混雑をきたし、大会終了宣言後も人・車が会場に向かって延々と列をなしていたので、参加者は主催者発表を超えていたかもしれない。私自身、大会会場に向かってから到着までに3時間を要した。
 会場は、大会のシンボルカラーの黄色で埋まった。参加者も団体や組織動員だけでなく、米軍基地を拒否し、米軍基地の犠牲や負担に異議を申し立て、沖縄差別を糾弾する個人としての強い意志表明が表れた。参加者は、みな真剣な眼で壇上の挨拶に全神経を集中し、怒りの表現も多様であった。

4・25県民大会001

4・25県民大会002

 
 出席動向が注目されていた仲井県真知事も登壇し、(1)普天間飛行場の早急な危険性除去、(2)県民の過重な基地負担軽減の二点を強く訴えた。私は、知事の大会参加を積極的に評価する。一方で、知事が「県内移設」反対をもっと明確に発信すべきだったとも思っている。
 ともあれ、知事は「4.25県民大会」の趣旨に賛同して出席したのであるから、例え政権が辺野古現行案の一部修正による県内移設を強行した場合でも、拒否すべきことは自明の理である。
 
 さて、昨年の政権交代により誕生した鳩山連立政権の下で、普天間飛行場の移設案として「嘉手納統合案」「キャンプ・シュワーブ陸上案」「勝連沖埋め立て案」や伊江島、下地島などが日替わりメニューのごとく浮上した。最近では、「辺野古現行案の一部修正」で日米間の合意として5月末決着との情報が飛び交っている。
 私は、「4.25県民大会」で示された意志によって、「辺野古現行案の一部修正」も消えたと思っている。いや、消え去るに違いない。「4.25県民大会」の成功で、そのことを強く確信した。もはや、普天間飛行場の本質的解決は、「国外・県外」移設以外にない。このことだけは、日米両政府や日常無関心を装い、その実意識的に沖縄に差別を強いる圧倒的に多くの国民にもメッセージとして伝わったものと考える。
 
 私が政治信念として日頃から主張する「ウチナーの未来はウチナーンチュが決める」とは、米軍基地からの犠牲や負担を拒否することであり、それを強いる権力を撃つ妥協なき闘いを意味する。その闘いに勝利する時、ウチナーンチュの(いや、日本国民としての)人間としての尊厳が回復されるのだ。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/455-383142e9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。