テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不信と反発、憤りと怒り     ―鳩山総理の沖縄訪問―
 ゴールデンウィークも今日の「こどもの日」をもって終わる。
 日本列島が高気圧に覆われ、各地で最高気温が30度を超える「真夏日」となった昨日(5月4日)、鳩山総理は就任後初めて沖縄を訪れた。訪問目的は、普天間飛行場問題で、県内各界各層の方々と語り合い、現下政府で検討中の移設案を説明することであった。

 沖縄の駆け足訪問で鳩山総理が語った事は全て想定内に限られ、マスコミ報道以上のものでも以下でもなかった。従って、サプライズもなく、不信と反発、憤りと怒りのみがあとに残った。

 鳩山総理は、「すべてを県外に、というのは現実問題として難しい。沖縄にまた負担をお願いしなければならない」と明確に語った。普天間飛行場の「県内移設」をはっきり述べたのだ。
 
 だが、「国外・県外」の移設可能性をどのように検討、検証したのか、具体的には何も言わなかった。言えないはずで、全く検討、検証していないのだ。検討もせずに「現実問題として難しい」と言われても、県民が納得するはずがない。
 
 鳩山総理は、「抑止力という観点から(国外移設は)難しいという思いになった」とも言うが、在沖米海兵隊がどういう事態に役立つ抑止力なのか、そもそも、米海兵隊がわが国の防衛に役立つのか含めて説明は一切ない。あるのは日米同盟の重要性という抽象的な説明だけだ。

 鳩山総理は、「沖縄県外には米軍基地を容易に受け入れる所がないので沖縄にまたお願いする」と考えているらしいが、沖縄だって受け入れを拒んでいるのだ。今でも在日米軍の約75%の米軍基地を押し付けられている沖縄にどうして「またお願いする」などといえるのか。とんでもない、全く許せん。同じように、米軍基地の受け入れを拒否する他府県には配慮し、沖縄には配慮しない。これでは自公政権と何ら変わらない沖縄差別ではないか。

 私は、かねてより政治家にとって言葉はいのちだと言ってきた。鳩山総理は、自らが昨年夏の総選挙時に「国外。少なくとも県外。」と述べた事に触れ、「公約は選挙時の党の考え方だが(最低でも県外は)党としての発言ではなく、私自身の代表としての発言だ」と語った。とんでもない開き直り発言だと思う。

 鳩山総理は、「公約」ではなく「個人発言」だったと言い逃れるつもりかも知らん。そうすると、選挙時の党の代表、党首、候補者は、マニフェスト(政権公約)に書いてない事はどんな無責任発言も許されるのか。鳩山総理は、あるいは釈明のつもりかも知らん。だが、県民が「公約」と信じたことに無理はない。釈明のつもりなら政治家失格だ。鳩山総理は、昨年夏の総選挙時だけでもなく、昨年12月にも「辺野古でない選択先を探す」と明言していたはずだ。

 最後に直言したい。鳩山総理や関係閣僚らは、官僚に操られ、アメリカの脅迫に屈し、今や辺野古現行案一部修正(埋め立てからくい打ち桟橋方式)を軸に、一部機能の徳之島移設で5月末の決着を構想しているようだ。そんな方法での解決などありえない。「県内移設」は不可能である。

 鳩山総理は、「できる限り環境に配慮していく。海を汚さない形での決着を模索することが非常に重要だ」とも語ったようだ。総理、埋め立て工法もくい打ち桟橋方式もいずれによっても回復しがたい環境破壊は免れません。

 実は、鳩山総理の来沖に間に合うように、前沖縄大学学長の桜井国俊教授に頼み、環境の視点でくい打ち桟橋方式の問題点をまとめた文章を作成してもらいました。その文章を稲嶺名護市長から総理へ手交するよう手配しましたが、一読してもらえましたか。

 「できる限り環境に配慮していく」ために、狭い沖縄ではこれ以上の米軍基地建設は不可能と知るべきです。鳩山総理、私は「5月末決着」にこだわりません。ただし、これ以上「県内移設」に総理がこだわり、米軍基地を沖縄に押し付けるならば徹底的に闘います。

2010年5月5日 17時 小松空港JALラウンジにて記す

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/462-56bd2e81



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。