テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳩山総理自身で米国に強く主張せよ
 鳩山総理は、普天間問題を5月末までに決着して五月晴れを迎えたい、と述べた。ところが、去る5月4日の総理に就任して初めての来県時の発言が不信と反発、怒りを買い、5月末の決着も五月晴れも怪しくなった。

 鳩山総理が期待する五月晴れどころか、昨日(6日)、沖縄気象台は沖縄地方の梅雨入り宣言をした。梅雨が明けると“台風銀座”沖縄には台風が襲来する。どうやら、今年は自然現象の台風だけでなく、永田町の官邸を発生源とする“政治暴風”も吹き荒れそうな状況だ。この予報は、沖縄気象台発表ではなく、テルヤ気象台の長期予報である。

P5060045.jpg
「ニュースの深層」本番前、メインキャスターの葉千栄東海大教授と(5月6日午後8時ごろ BS朝日)

 さて、5月4日初来県の際の鳩山総理の言動については、厳しく指摘されている。私もブログに書き、昨夜(CS)朝日ニュースター「ニュースの深層」に出演し、強く批判した。私は、これまで鳩山総理の「国外。最低でも県外。」との発言を信じ、鳩山総理を応援してきた。だが、「国外。最低でも県外。」と言ったのは、民主党の「公約」ではなく、民主党代表としての「個人発言」だ、との言い訳、開き直りには失望し、落胆した。私だけでなく、多くの沖縄県民がそのように受け止めただろう。私は再三再四言っている。書いている。政治家にとって言葉はいのちである、と。

 鳩山総理は、昨日も記者団に「5月末決着」を言っている。しかも、総理の考える「決着」とは、移設先の地元、アメリカ、連立政権の理解と合意だと明言する。私は、正直不可能と考える。普天間飛行場の沖縄県内への移設、徳之島への移設は、県民、島民の強い反対の意思に照らし不可能なのだ。「理解と合意」が「5月末」までに得られるはずがない。

 鳩山総理は、今日中にも徳之島の3町長と面談するようだ。面談しても明確に拒否されるのは、日を見るよりも明らかだ。私は、沖縄でも、徳之島でも、全国の自治体で米海兵隊(普天間飛行場)を受け入れる所はない、と素直にアメリカに言い、外交交渉すべき、と考える。アメリカだって「住民から歓迎されないところ」に基地を配備したくないはずだ。そもそも、米海兵隊が常時駐留するのは世界で沖縄だけである。その海兵隊の拠点(ハブ)がグァムへ移る事は間違いない。日本がアメリカに対し、海兵隊をグァムへ移せと要求したからといって、日米同盟が壊れるわけもなく、抑止力に影響を与えるわけもない。

 米海兵隊の存在が日本の安全に役立っていると総理や政治家、国民が考えているならば、海兵隊だけでなく、すべての米軍基地を沖縄から撤去して、身近に置けばいい。切に願う。

2010年5月7日 11時55分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/464-40df6176



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。