テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亀井静香氏の発言に注目する-賛同と期待をもって-
 国民新党代表であり、金融・郵政改革担当大臣の亀井静香氏が5月7日の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場の移設問題で政府が検討していると報道されている、辺野古現行案一部修正のくい打ち桟橋方式に反対する意向を表明した、とマスコミは一斉に報じている。
 亀井代表は、「辺野古の海から逃げて、また辺野古の海に帰ってくることはあり得ない」と述べたらしいが、全くその通りだ。更に、亀井代表はくい打ち桟橋方式に関して、「マリコン(海洋土木工事会社)と鉄鋼業者が潤うだけという結果になる。沖縄県民にとっても受け入れは難しいと思う」と指摘したというのだ。
 私は、マリコンという言葉も知らなかった。亀井代表が言うように、くい打ち桟橋工法によってどの業者が儲かろうと、辺野古の海と生態系を大規模に破壊するものであり、到底容認できない。亀井代表は移設先について、「まだ首相から明示されていない」として最終的な賛否は明確に表明していない。
 確かに、今報道されている辺野古現行案一部修正のくい打ち桟橋方式は、連立3党の「政府案」ではない。3党首による基本政策閣僚委員会で決めたわけではない。社民党は当然ながら反対する。
 私が、賛同と期待をもって前記の亀井代表発言に注目するのは、「辺野古の海から逃げて、また辺野古の海に帰ってくることはあり得ない」と明言していることだ。官房長官を会長とする、沖縄基地問題検討委員会(以下、検討委という)に、国民新党は「嘉手納統合案」と「キャンプシュワブ陸上案」を提案している。私や社民党は両案に反対だ。
 ところで、国民新党は「民有地と公有水面には新たな基地を造らない」ということが大前提になっている。従って、辺野古現行案の埋め立て方式であれ、くい打ち桟橋方式であれ、辺野古の美ら海である公有水面に造ることには反対でなければ議論は一貫しない。その点で、前記亀井代表の記者会見での発言には賛同する。

8日14時45分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/466-187c7cde



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。