テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安倍、麻生、鳩山総理のKY
 言葉遊びをするつもりはない。まじめに書いているつもりだ。
 「普天間問題」を巡り政治を動かす日程、鳩山総理の決着、決断の日程が迫ってきた感じを強くする。来る5月28日の閣議で、「総理発言」という形で限りなく旧政府が合意した辺野古現行案微修正で決めようとしている。

 昨夜、宿舎で週刊誌を読んでいると田崎史郎氏(時事通信解説委員長)の次のような対談記事を見つけ、思わず苦笑した。言い得て妙なる表現だと思った。
 田崎氏は、KYという言葉に関連し、いま政界で三名の元総理、現総理が次のように表されている、と述べている。

安倍晋三「空気が読めない」
麻生太郎「漢字が読めない」
鳩山由紀夫「暦が読めない」

 なる程、なる程。もちろん、田崎氏は「暦が読めない」のは鳩山総理個人ではなく、総理周辺のスタッフ、閣内の一部閣僚含めて内閣として「暦が読めない」と断じている。その中で、普天間問題について、外交日程、地元情勢を無視した段取りの悪さについて論及する。
 私は、違うと思う。現に段取りの悪さだけでなく、解決策の中身自体を問題視したい。もちろん、普天間問題について「5月末決着」に拘り、最初から期限を設定しての対米交渉に当たろうとしたのが間違いだ。
 今また3党連立政権合意を無視して、つじつま合わせ、曖昧に、5月28日閣議での「総理発言」で決着せんとしている。もはや、鳩山総理は「暦が読めない」どころか「国益(K)の読み(Y)違い」「基地(K)の安(Y)請負」で沖縄県民、多くの国民の失望と怒りを買おうとしている。鳩山総理、それはおやめ下さい。私や社民党は、決して「暦の読み違い」を責めません。

2010年5月20日 12:00

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/476-3ef22da6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。