テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


普天間問題のエックス・デー
 エックス・デーとは、和製語でX-dayのこと。
 普天間問題のエックス・デーは、沖縄にとっても、社民党にとっても、鳩山連立政権にとってもエックス・デーである。言葉の意味のエックス・デーは「いつかは定かではないが近い将来重大な事件などが実際に起こるとされる日」「計画を実行する予定の日」(広辞苑)である。
 普天間飛行場問題のエックス・デーが5月28日ではないか、と様々に報道されている。5月28日となると「近い将来」どころか「あさって」である。
 政府は、普天間飛行場の移設先を『キャンプ・シュワーブ沿岸部の名護市辺野古周辺」と明記する日米合意をやり、閣議(閣議決定か閣議了解かは不明)に諮って決しようとしている。ただし、国際公約である日米合意では、移設先として辺野古と明記し、閣議では辺野古と明記せず、「日米合意に基づき」などとごまかして決着せんとしている。
 私は、日米合意で辺野古と明記したなら、そのとおり行政行為=新基地建設は進むと考える。従って、日米合意で辺野古を明記する限り、社民党が連立に残って「県外・国外」移設を求めて頑張る術(すべ)はない。
 各マスコミは、社民党の政権離脱のエックス・デーばかりを報道する。私の腹は固まっているが、政権に参加するか、離脱するかは党の機関会議で決めることだ。なお、閣議に諮れば、福島党首は大臣として「署名しない。反対する」と明言している。すると、鳩山総理は、罷免しなければいけない。
 現在の3党連立政権が崩壊すれば、参議院選挙の共闘を進めている民主党にとっても深刻な打撃となる。重要法案を抱えて終盤国会の行方も危うくなる。鳩山総理は、「国外、最低でも県外」と口約し、辺野古を埋め立てての新基地建設は「自然への冒涜」とまで断言した。その決意立ち直るべきだ。
 5月25日現在、再来沖して「辺野古移設」を提示した鳩山総理のために「後戻りのための黄金の橋」を架けるべく、私も社民党もギリギリの努力と攻防戦を尽くしている。はっきりしているのは、地元合意無視、連立合意無視のまま辺野古と明記する日米合意を社民党は絶対に容認しないことだ。
 普天間問題のエックス・デーは近い。5月28日より早く、27日の鳩山総理とオバマ大統領の日米電話首脳会談の日かもしれない。


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/480-6b746b46



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。