テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福島党首を断固支持する
 ここ数日間の社民党福島党首の普天間問題についての発言は、実に明解であり、それは党の理念・方針、昨年夏の衆議院選挙マニフェスト、3党連立政権合意にも合致するものである。また、福島党首の発言を「閣僚の一員としていかがなものか」とか、「自分の選挙で目立ちたいから」とか、批難や揶揄する野党もあるが、大臣としての立場、党首としての立場をわきまえて発言し、行動しており、批判は当たらないと思う。

 党は、今朝の常任幹事会で次の点を決定した。

 1点目、5月28日にも予定される日米合意(日米共同声明)に普天間飛行場の移設先を「キャンプ・シュワーブ沿岸部の辺野古周辺」と明記することに反対する。
 2点目、日米合意とは別に、閣議で前記辺野古と明記しなくとも、「日米合意を前提とし」「旧政権が合意したロードマップの一部追加、見直し」の閣議決定、閣議了解に反対する。
 3点目、政権離脱など、普天間問題を巡る党の対応を5月30に全国幹事長会議を開いて決める。

 1~2点は、福島党首の発言を党常任幹事会で了承したという事だ。

 とにかく、事態は時時刻刻動いている。民主内でも事態を深く憂慮する動きが出てきた。私や社民党は無理難題を言い、駄々をこねているわけではない。党の立場、方針と連立政権合意と信義を大事にしたいと叫んでいるにすぎない。

 1点目との関連で言えば、連立のパートナーが日米合意の内容を知らされず、全く協議もせず、重要政策決定に関与しえないのは間違っている。おかしいと言っているのだ。

 2点目との関連で言えば、日米合意(国際公約)と違う表現で閣議決定をし、中身は日米合意通りというのは、おかしい、あり得ないといっているのだ。そもそも、地元合意、連立政権合意もなく、日米合意のみを優先させる理由、根拠がないのだ。

 一番最悪な事態として想定されるのは、日米合意を前提に、沖縄に、辺野古に新基地が造られることだ。これは絶対に容認しない。

2010年5月27日 14時43分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/481-bf7e3642



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。